敏感肌の日焼け止めは選び方が大切!おすすめ12選を口コミでご紹介

 

敏感肌に刺激の少ない日焼け止めってある?

敏感肌の方にとって、強い日差しや汗など肌への刺激が避けられない夏は厳しい季節と言えます。敏感肌は紫外線から守るためにキチンと日焼け止めを使用するのが正解です。しかし、高い効果のある日焼け止めの中にはそれ自体が肌に刺激となってしまうものも少なくありません。

敏感肌でも紫外線を防いで日焼けを回避できる日焼け止めというのはあるのでしょうか?今回は私Web皮膚科クリニックの水野が悩める敏感肌の方のために、おすすめの日焼け止めや使い方などを詳しくご紹介していきます。

 

はるこ先生
日焼け止めというと※SPFが高いものを選びがちな方が多いけど、敏感肌の方はもっと気をつけるべきポイントがあるのよ。肌への刺激が少なく日焼けを防ぐ効果のある日焼け止めを上手にセレクトしましょう!

※SPFとはサンプロテクションファクターの略。主にシミやそばかすの原因になると言われる紫外線B波を防ぐ効果についての指標です。同じく日焼け止めの効果について表すPAとは、プロテクショングレイドオブUVAの略でシワやたるみの原因になると言われる紫外線A波を防ぐ効果について+の数で表されています。

敏感肌のための日焼け止めの選び方

紫外線散乱剤のものを選ぶ

日焼け止めにはどうやって日焼けを防ぐのかという仕組みの違いによって、2種類に分けられます。それが紫外線散乱材と紫外線吸収剤です。

紫外線散乱材紫外線吸収剤
仕組み
  • 肌の表面で紫外線をカットする
  • 紫外線が直接肌に当たらない
  • 皮膚の表面に紫外線を吸収しエネルギーに変える
  • 紫外線が肌の内部に入らないようにする
メリット
  • 肌に優しい
  • 効果が長続きする
  • 紫外線A波B波の両方を防ぐ
  • 紫外線を防ぐ効果が高い
  • 使用感が良い
  • 無色透明
デメリット
  • 白浮きしやすい
  • べたつくものもある
  • 肌への大な負担がかかる
  • 化学反応を起こして紫外線を防ぐので時間の経過で
    その効果が薄くなる(塗り直しが必要)
代表的な成分
  • 酸化チタン
  • 酸化亜鉛
  • オキシベンゾン-3
  • メトキシケイヒ酸エチルへキシル
  • t-ブチルメトキシジベンゾイルメタン

総合的に見て敏感肌の方の場合は肌への刺激が少ない紫外線散乱材を使用した日焼け止めの方がおすすめです。ただし、販売されている日焼け止めの中には紫外線散乱材と紫外線吸収剤の両方を使用しているものもあります。また、紫外線散乱材の白浮きしやすいデメリットを解消するために粒子を細かくしているものがあり、そういったものの場合肌への負担が増える可能性があります。安心なものを選んだという時でも、念のため事前に肌の見えにくい部分などで試してみるのがおすすめです。

紫外線散乱剤とノンケミカルは同じ意味?

はい。ノンケミカルという表示は化学反応を起こさない紫外線散乱材の日焼け止めにつけられます。

適度なUVカット効果のものを選ぶ

日焼け止めにはSPFとPAというUVカットの効果についての指標があります。数値が高いほどしっかりとUVカットしてくれるので、最近はUV効果が高い日焼け止めが多く登場しています。

SPF(シミそばかすの原因を防ぐ):10~50+

PA(シワやたるみの原因を防ぐ):PA+~PA++++

肌が強い方や日差しが強いビーチなどに何時間もいるという時にはSPFやPAの数値が高いものがあれば安心です。しかし、数値が高ければ高いほど肌への負担も大きくなってしまうので、敏感肌の方が選ぶ際にはSPF10~30、PA+~PA+++程度のものを選ぶのがおすすめです。もちろん、これ以上のUVカット効果があっても肌への負担を抑えるような工夫がなされた製品も登場しています。肌の状態や使用する環境に応じて自分にピッタリな日焼け止めを選ぶことが大切です。

はるこ先生
今はかなり高いUVカット効果のある日焼け止めがたくさんあるので、そういったものと比べると不安になっちゃうかもしれないけれど、通勤や通学などなら十分紫外線を防いでくれるわ。アウトドアなど、いつもより長く屋外にいるときは帽子や日傘、日よけのカーディガンやストールなどのアイテムもプラスするのがおすすめよ!

敏感肌におすすめの日焼け止めランキング

敏感肌の方は肌への負担が少なく、なおかつきちんとUVカットしてくれる日焼け止めを選びたいですよね。ここからは使用する部位や肌の状態に合わせて選ぶ敏感肌の方にピッタリの日焼け止めを具体的にご紹介していきます。

顔用の下地として使える日焼け止め

ラロッシュポゼ UVイデアXLプロテクションBB

高いUVカット効果と肌を整えて美しく魅せる効果を兼ね備えたBBクリームです。肌の奥にダメージを与えてしまうの言われるロングUVAを防ぐ効果があり、シミやシワ、たるみができるのを防いでくれるそうです。紫外線だけでなく、空気の中にある敏感肌にとってダメージの元となってしまう汚染物質が肌に付いてしまうことからも守ってくれる、肌に優しいアイテムです。

UVカットの強さ

SPF50+/PA++++

特徴

  • 無香料
  • 紫外線だけでなく大気中にある汚染物質の付着を防ぐ
  • 肌をナチュラルに、明るく整える
  • ライトとナチュラルの2色から選べる

口コミ

  •  
  • 敏感肌でも使える!
    26歳 敏感肌
    皮膚科に置いてあるのと、友達からもオススメされて買ってみました。肌にも優しく敏感肌の私でも使えています。のびもよいです。

    @cosme

 さらっとしていて軽い付け心地だという口コミが多く、敏感肌の方でも肌への負担が少なく使いやすいようです。

ラロッシュポゼ UVイデアXLプロテクションBB

ジョンマスターオーガニック ナチュラルMサンスクリーン

 乳液のような軽いテクスチャーでさらっとつけることができる日焼け止めです。ノンケミカル特有の白浮きが少ないのも使いやすさの理由の一つ。シアバターやホホバオイルなどの保湿効果の高い成分が配合されているのでしっとり感があり、化粧下地にも最適です。

UVカットの強さ

SPF30/PA+ 

特徴

  • 天然素材にこだわっている
  • UVカット効果と天然の保湿効果で顔以外も全身に使用が可能
  • べたつきが少ない

口コミ

  •  
  • しっとり感がいい
    49歳 敏感肌
    敏感で乾燥肌に合う日焼け止めが全然見つからなくて困っていました。 デパートのコスメコンシェルジュに相談したところ、 いろんなメーカーのナチュラルコスメを持ってきてくださり、ひとつひとつ商品の特徴など説明してくださいました。 手にとってテクスチャーが良さそうだったので、ジョンマスターオーガニックの日焼け止めを購入。 季節を問わず乾燥が気になる年齢肌には、このしっとり感が良いです。 白い乳液クリーム状です。 伸びがよく丁寧に伸ばすと、お顔に透明感が出てくるので、嬉しい限りです!

    @cosme

ココナッツオイルなど天然のオイルを使って乳化させているクリームなのでそのまま置いておくと分離するとの口コミもありました。よく振ればすぐに白い乳液クリーム状に戻るとのこと。肌に優しい日焼け止めは敏感肌の方や乾燥肌の方に人気があるようです。 

ジョンマスターオーガニック ナチュラルMサンスクリーン

ミューノアージュ クリームスキンプロテクトUV

 紫外線吸収剤を使用していないので、敏感肌の方でも安心な優しい使い心地です。紫外線散乱材を使用している日焼け止めはどうしても塗った時がべたついて伸びがよくなかったり、UVカット効果も少ないものが多かったのが敏感肌の方の悩みでした。しかし、この日焼け止めは紫外線吸収剤を使っていないのにUVカット効果が高く、しかも塗った感じも滑らかで肌をきれいに魅せてくれます

UVカットの強さ

SPF43/PA++

特徴

  • 肌色をきれいに整えてくれる
  • アルコールや着色料、石油系界面活性剤など肌へ負担となる成分を使っていなし
  • 潤いを保つ効果のあるヘキサペプチド‐11を配合

口コミ

  •  
  • 自然な仕上がりなのにカバー力もある
    40代
    とても良いです!自然な仕上がりなのに適度にカバー力もあるので、この日焼け止めとお粉だけでじゅうぶんキレイに仕上がります。

    ミューノアージュ公式サイト

 敏感肌の方はもちろん、そうではなくても年齢を重ねた方に優しいエイジングケアのできる日焼け止めとして支持されているようです。

ミューノアージュ クリームスキンプロテクトUV

体にも使えるドラッグストアのプチプラ日焼け止め

太陽油脂株式会社 ナチュロンUVクリーム

紫外線吸収剤や界面活性剤不使用の肌に優しい日焼け止めです。日焼けを防ぐだけでなく肌をしっとりさせるための保湿の効果も高いのが人気の理由の一つ。ちょっと外に出るとき、毎日のお買い物などデイリーに活用したいシンプルな日焼け止めクリームです。

UVカットの強さ

SPF15/PA++

特徴

  • 化粧下地におすすめ
  • ローズ水の香り
  • 石鹸で簡単に流すことができる

口コミ

  •  
  • 肌が荒れませんでした
    46歳 敏感肌
    ボディ用に購入しまいした。 伸びもよかったので使いやすかったです。 べた付くこともなかったし低刺激なので肌が荒れませんでした。 何より石鹸で落とせるのがいいところです。 使い続けてしっかり紫外線から肌を守りたいです。

    @cosme

余計なものが入っていないので安心で子供から大人まで愛用していると人気があるようです。お手頃価格なので体にたくさん塗っても気にならないというのもうれしいですね。紫外線散乱材特有の白浮きを指摘する口コミも多いですが、きちんと伸ばせば問題ないようです。 

太陽油脂株式会社 ナチュロンUVクリーム

ママバター UVケアクリーム

子供から大人まで家族で安心して使うことができるアイテムが揃うということで人気のママバターのシリーズ。刺激が少ない天然の成分の力でUVケアをするので敏感肌の方にも安心です。合成成分を使わずにシアバターを使って滑らかさを出していて、べたつかずさらっとした使い心地も好評です。

UVカットの強さ

SPF25/PA++

特徴

  • 肌に優しいシアバターを5%配合(乾燥している肌向き)
  • 伸びが良く化粧下地にも使える
  • 保存料、着色料、増粘剤不使用。赤ちゃんも使える

口コミ

  •  
  • つけて何時間経ってもしっとり
    30歳
    休みの日など、普段使いできる日焼け止めを探していました。 自然派コスメのこちらを選びました。 ちょっと白くなりますが、私は気にならない程度です。ノーメークでちょっと庭先に出る時や、家の中でも陽が射す時などに使っています。 重くならないし、つけて何時間してもしっとりしています。 パッケージが可愛くて好きです。

    @cosme

多少白浮きするという意見は多くみられましたが、気になるほどではないそうです。要らない成分がはいっていなくて肌に優しく、安心して使うことができるという口コミが多いです。ナチュラルな雰囲気のおしゃれなパッケージが毎日のUVケアを楽しくしてくれます。 

ママバター UVケアクリーム

株式会社ボディクレイ ねんどの日焼け対策

ねんどの日焼け対策をはじめとしたボディクレイのアイテムはモンモリロナイトという粘土鉱物を材料として作られています。マグマが火山灰として海の底にたまっていったもので、まさに天然の素材です。

UVカットの強さ

SPF20/PA++

特徴

  • 滑らかで肌馴染みがいい
  • 石鹸で簡単に落とすことができる
  • 肌に優しく小さな子供から使うことができる

口コミ

  •  
  • 下地に使える!肌の弱い人にピッタリの日焼け止め
    水に弱い、日焼け止め効果が低いなどマイナスの指摘も多いですが、肌が弱い私には今のところベストの日焼け止めです。かれこれ3~4年使っています。日焼け止め効果よりも下地効果の高さがポイント。つけた瞬間は白いのですが、時間が経つと良くなじみ、お粉だけで肌がきれいに見えます。前に突発的なアレルギーで、ロゴナやラヴェーラなど外国の自然派化粧品も全く受けつけず肌がかぶれて真っ赤になってしまったときに、唯一使えたのがこのねんどのシリーズで、以来、ずっと愛用しています。私は顔専用なので(濃い色の衣服につくとなかなか落ちない!)1本で半年くらい使えます。肌への負担と落ちやすさを重視される方にはお勧めできると思います。

    楽天市場

 紫外線散乱材使用の日焼け止め特有の白浮きするという口コミは少なくありませんが、それでも肌に負担が少なくUVカットをしてくれるこの日焼け止めはかなり優秀だと敏感肌の方からの支持は厚いです。落とすときにクレンジングが必要だと毎日洗う時にも肌へ負担がかかってしまいますが、ねんどのようにさらっと水で落ちてくれれば洗い流す際の刺激も軽減できます。

株式会社ボディクレイ ねんどの日焼け対策

敏感肌ブランドのキュレルの日焼け止めの評判は?

敏感肌の方におなじみのキュレルの日焼け止めは肌に優しい成分でつくられていますが、石鹸で簡単に落とせないという口コミが多いです。毎日洗い流すときにクレンジングが必要で結局肌に負担がかかってしまうのは考えもの。また、白浮きするのが気になるという意見も多く見られます。
普通肌くらいの方だとべたつくように感じるそう。反対に乾燥している肌の方だとキュレルの日焼け止めの上に粉をはたけばちょっとした外出もOKという意見がありました。

石鹸で落とせる肌に優しい日焼け止め

キャメロン&ガブリエル ヘヴンヴェール

敏感肌でも使える優しい日焼け止めにありがちなべたつきや白浮き、使用感の悪さ、UVカット効果の物足りなさといった不満を解消してくれるのがこのヘヴンヴェールです。しかもウォータープルーフなのに石鹸で簡単に落とすことができます。UVカット効果が高く、崩れにくいので何度も塗りなおす必要がないのもうれしいです。

UVカットの強さ

SPF45/PA++++

特徴

  • 日焼け止め、化粧下地、美容液の3つの役割を果たしてくれる
  • 皮脂や汗と乳化しないので崩れにくい
  • クリーム状なのに肌に伸ばすと化粧水のようにさらっと伸びる
  • エイジングケア成分や美容成分を豊富に含んでいる

口コミ

  •  
  • メイクの出来栄えをよくしてくれる
    48歳 乾燥肌
    とても滑らかなテクスチャーで付け心地は軽いけど、フィット感があるのが良いなと思いました。 でないと、途中でヨレてきたりしないか心配になるので。 スッと溶け込むような、違和感のない色味もお気に入りポイントです。 いろんな意味でお肌を整えてメイクの出来栄えを良くします。 これだけ良好な使用感でこのお値段はお得です。

    @cosme

無添加系や紫外線散乱材使用の日焼け止めの塗りにくいというイメージを払拭する口コミが多数みられました。BBクリームのように肌の色を補正する効果はありませんが、自然に肌を美しく見せてくれるので、日焼け止めに見た目を求めるのをあきらめていた敏感肌の方々からも絶賛されています。 

キャメロン&ガブリエル ヘヴンヴェール

ノブ UVシールド

日焼け止めは女性だけでなく男性や小さな子供も使うアイテムです。このノブUVシールドのように石鹸で簡単に洗い流せるタイプの日焼け止めは使う人を選ばずだれでも気軽に使うことができます。しかも、石鹸で落ちるけれどウォータープルーフで化粧下地として使ってもすぐに化粧が崩れるようなことはありません。伸びも良く白浮きしにくいので、今まで日焼け止めが苦手だったという方にもおすすめです。

UVカットの強さ

SPF50+/PA++++

特徴

  • ノンケミカルで肌に優しい
  • ヒアルロン酸が配合されていて、しっとりとした使用感
  • 軽い付け心地

口コミ

  •  
  • 日焼け止め特有の臭いがなく化粧下地として活躍中
    数年前から、紫外線アレルギーになり、春先から夏にかけて、赤く痛みのあるブツブツがたくさんでるようになりました。皮膚科に通い続ける中で、お医者さんに勧められたのがこちらの日焼け止めでした。使い始めてから、だいぶ症状もおさまり、精神的にもかなり救われました。それからは、一年中、お化粧の下地代わりにこちらの日焼け止めを使用しています。使用しても顔が白くなることもなく、日焼け止め特有の匂いもまったくなく、使用感も重くなく、とても気に入っています。

    楽天市場

皮膚科の医師からもおすすめされるというノブUVシールド。もちろん皮膚科に通っているという方は担当の医師に相談してから使用することをおすすめします。日焼け止めのアノ臭いがないというのはうれしいですね。 

ノブ UVシールド

LLサンスクリーン

敏感肌の方が使っても、使用中はもちろん落とすときまでノンストレスで安心して使うことができることにこだわったのがLLサンスクリーンです。UVケアをするだけでなく、ビワ葉やナスエキス、米ぬかエキスといった国産の素材から作られる美肌に効果が期待できる成分を配合することで肌荒れを防いでくれます

紫外線散乱材の使用感をよくするためにナノ化していますが、その小さな粒子に表面処理剤をコーティングしてナノ化した紫外線散乱材によるリスクを減らしています。

UVカットの強さ

SPF40/PA+++

特徴

  • 着色料、合成香料、紫外線吸収剤、シリコン、エタノール、パラベン、界面活性剤不使用
  • ウォータープルーフなのに石鹸で落ちる
  • 柑橘系の香り
  • 白浮きしない

口コミ

  •  
  • 柚子の香りでリラックス
    塗り心地が日焼け止め特有なベタっとした感じがないので乳液のような付け心地の良さです。 柚子の香りもリラックス出来て、この日焼け止めなら毎日塗っても苦痛を感じないです。 私は超がつくほどの敏感肌なのでノンケミカルと言われてるものや高価な日焼け止めを買っても合わないとすぐに肌荒れを起こしますが、ラピスラズリは大丈夫でした。 ただ一点だけ難点は、プッシュしてもなかなか出にくい。逆の発想で考えればそれだけ空気に触れないから安心出来るのかな。

    Amazon

使用感の良さや柚子の香りを支持する口コミが多数みられました。また、この日焼け止めは製品が酸化してしまうのを防ぐためにエアレスポンプを使っていて空気の逆流を防ぐ仕組みになっているのですが、その分出にくいという意見も。空気に触れないので劣化しにくく、うっかり出しすぎてしまうこともないので、デメリットというほどではなさそうです。 

LLサンスクリーン

肌が過敏な時のパウダータイプの日焼け止め 

トゥヴェール ミネラルサンスクリーン

メイクの仕上げに使うお粉の感覚でUVケアができるミネラルサンスクリーンなら、特に肌が過敏でクリームタイプの日焼け止めを塗りたくないときも使いやすいです。もちろん、メイクの上だけでなく素肌の上にはたいてもOK。顔だけでなくデコルテや腕、手、足などにもパパッとつけることができます。

UVカットの強さ

SPF50/PA++++

特徴

  • 紫外線吸収剤、界面活性剤、シリコン、合成香料、パラベン、鉱物油不使用
  • 石鹸で簡単に落とせる
  • 保湿成分を配合ししっとりとした使用感
  • 肌へしっかりと密着し崩れにくい

口コミ

  •  
  • 日焼け止めの効果はある
    ファンデ前に使用。軽くて顔がとにかく楽、実際の使用感としてしっかり日焼け止めとしての効果はあると思う。ただし、上からファンデとパウダーをのせているため、相乗効果かもしれない。休日はこれだけで過ごす場合もあるが、毛穴や肌が落ち着いたそれなりの状態にはなっている。

    @cosme

 日焼け止めをべたっと塗ることに抵抗がある方にとってはとてもありがたい存在のようです。とにかく軽い付け心地が快適だという口コミが多くみられました。

トゥヴェール ミネラルサンスクリーン

エトヴォス ミネラルUVパクト

ミネラルと美容成分を中心にしている日焼け止めパウダーです。プレストタイプなので日中の重ね付けや化粧直しにもぴったりです。テカテカしないセミマットな質感に仕上がるのでUVケアとメイクアップ効果の両方が得られます。また、肌のきめを整え潤いを守ってくれる成分も配合しているのでスキンケア効果も期待できます。

UVカットの強さ

SPF50/PA++++

特徴

  • 肌をきれいに魅せながら紫外線をカット
  • 肌をしっとりさせ、表面はさらっとした質感に
  • 石鹸で落とすことができる

口コミ

  •  
  • 良いです
    持ち歩き用に他メーカーのパウダーを使用していましたが、こまめに塗りなおしたいのでこちらを購入して見ました。他の方のレビューを見て色味が心配でしたが私も若干白くはなりますが気にならない程度です。(どちらかといえば色白です) ケースもかわいくとてもよい気分でお直しが出来ます。

    楽天市場

こまめに塗りなおしたいという方から高評価を得ています。色味は白っぽいので色白の方に合うようです。 適度なツヤがあり自然な仕上がりが好評です。

エトヴォス ミネラルUVパクト

オンリーミネラル 薬用ホワイトニングファンデーション

美白効果が期待できる薬用のファンデーションです。ミネラルファンデーションなので肌に優しく肌が過敏になっているときも安心です。しかも高いUVカット効果があり日焼け止めとしても優秀。あれこれたくさんのものを塗りたくない方におすすめなアイテムです。

UVカットの強さ

SPF50+/PA+++

特徴

  • UVカット、ベースメイク、美白が一度にできる
  • 薬用有効成分配合でシミの発生を防ぐ
  • 酸化亜鉛によって肌を清潔に、そしてUVカットしながら潤いをプラスしてくれる
  • 程よいツヤ感で肌をきれいに魅せる

口コミ

  •  
  • 軽い付け心地が魅力
    31歳 敏感肌
    軽い着け心地で、化粧崩れが少ないのが魅力だと思います。使用を始めて1週間程度なので、まだどのくらい美白効果があったのかまではわかりませんが、それはこれからに期待したいと思います。 つけている感じがしないくらいのうすづきですが、でもそれなりに肌をカバーすることもできています。もしとっても大きいしみがあったりするとカバーしきれないかもしれませんが、ナチュラルな仕上がりにしたいのであればちょうどいいファンデだと思います。

    @cosme

 敏感肌の方だけでなく、普通肌や混合肌などの方も肌の調子がイマイチの時に使うと良いとの口コミがありました。肌にしっかり密着して崩れにくいのはうれしいですね。

オンリーミネラル 薬用ホワイトニングファンデーション

アッキー
敏感肌の方も使える日焼け止めって色々あるんですね!日に焼けたくない敏感肌さんはいろいろ使い分けても良さそうです。
でも日焼け止めって実際どうやってつけるのが効果的かよくわからないって方も少なくないみたいですよ。
はるこ先生
そうなのよ!
次はせっかく選んだ日焼け止めをより効果的につけるための使い方をご紹介するわね。

日焼け止めの効果的な使い方 

適量をこまめに塗りなおす

日焼け止めの効果を表すSPFはシミやそばかすの原因となる紫外線B波が肌に影響を与えるのを防ぐ効果を数字で表しています。この数字の意味は紫外線B波が肌に当たってから実際に日焼けし始めるまでの時間をどれだけ遅らせることができるかということ。日に焼け始めるまでの時間は個人差がありますが大体15分から20分と言われています。SPF30の日焼け止めを使用すると、日に焼け始めるまでの時間を30倍にすることができるということなのです。

そのため、日に焼けるまでの時間が15分の方がSPF30の日焼け止めを塗れば15分×30で450分、つまり7時間半の日焼け止め効果が期待できるということです。もちろん、7時間半たった瞬間に日焼け止めの効果がなくなるというより徐々に効果がなくなっていくものなので、早めに塗りなおすのがおすすめです。

*PAの紫外線防止効果の目安は?

紫外線A波を防ぐ効果に対してのPAの意味についてのご紹介しておきます。PAは+の数でその効果の目安が表されています。

PA+散歩など日常生活
PA++屋外でのスポーツやレジャー
PA+++マリンスポーツなど
PA++++すぐに赤くなる方が炎天下でのスポーツ
はるこ先生
日焼け止めはきちんと塗っても汗で流れたり時間の経過でその効果が薄れてしまうもの。一度に厚く塗るのではなくこまめな塗り直しが日焼けを防ぐ近道です。

帽子や日傘でも紫外線対策を行う

 日焼け止めで対策をしていてもそれだけではなかなか防ぎきれないのが紫外線。特に敏感肌の方は少しでも紫外線を防いで日焼けや乾燥から肌を守りたいですよね!そんな方の多くは帽子や日傘を愛用しているのではないでしょうか。

UVカット効果のあるアイテムを取り入れる

帽子や日傘もおしゃれなだけのものではその紫外線防止効果にはあまり期待ができません。帽子や日傘の生地にUVカットのための加工を施してあるものや、生地に使用している糸にUVカット効果のある素材を織り込んであるものを選ぶのがおすすめです。UVカット効果のある製品にはUPFという指標が付いている場合があります。紫外線保護指数を表すUPFは敏感肌の方が帽子や日傘を選ぶ際に参考にすると日焼け防止に役立ちます。

UPF15~24
UPF25~39優良
UPF40~50+優秀

UVカット効果の高い色はある?

UVカットの加工がされていないものの場合は白だと紫外線を通してしまうので日に焼けると言われますが、すでにUVカットの加工が施された帽子や日傘ならば明るい色でも紫外線を通さないようになっています。日に焼けたくないからと真っ黒の恰好をしていては見た目も暑いし実際に暑いです。UVカットされた製品を上手に取り入れておしゃれに日焼け対策をしましょう。

アッキー
帽子や日傘の他ストールやカーディガンなど日よけアイテムはいろいろあります!スマートに紫外線対策ができている女性は男性から見ても素敵ですよ☆ 


 敏感肌に負担をかけない日焼け止めの落とし方

日焼け止めを塗ったあとはきちんと落とさないと肌トラブルの原因となってしまうことも。日焼け止めに使われている成分によって乾燥が進んでしまったり、毛穴が詰まってニキビができやすくなったりすることが心配されます。

日焼け止めを落とす方法は製品に表示されているのでその表示に従ってきれいに落としましょう。UVカット効果の高さと落ちやすさはイコールではありません。SPFやPAが低くてもクレンジングが必要な場合もあるので必ず確認してみてください。

クレンジング料を使う方法

クレンジング料で落とすタイプのものには2タイプあり、専用クレンジング不要」や「クレンジングで落とせます」となっている場合には段使っている化粧を落とすクレンジングで日焼け止めも落とすことができます。もう一つ、特に落ちにくいものの場合には専用クレンジングが必要だと表示されています。

敏感肌にも使いやすいクレンジングとは?

敏感肌の方の場合洗浄力が強すぎると肌に負担がかかりますが、逆に洗浄力がマイルド過ぎてごしごしこすらないと日焼け止めが落ちなかったり、何度も洗わないと落ちないようではまた肌に負担がかかってしまいます。敏感肌にはミルクタイプやクリーム、バーム状のクレンジングが刺激が比較的少なくて使いやすいです。

そうはいってもシッカリ塗った日焼け止めはいつものクレンジングではスッキリ落ちない…というときには洗浄力の高いクレンジングオイルを使いたいですよね。このクレンジングオイル、敏感肌にとっては手ごわい相手です。どうしてもクレンジングオイルを使いたい場合には、界面活性剤不使用の天然オイルを使ったクレンジングがおすすめです。オリーブオイルやホホバオイルなど保湿効果に期待できるクレンジングオイルならば、肌への負担が少なくなります。

石鹸で落とす方法

洗顔料や石鹸で落とすことができる日焼け止めには「クレンジング不要」「石鹸で落とせる」「洗顔料でOK」といった表示があります。日焼け止めを塗った後に化粧をする顔の場合は結局クレンジングを使いますが、体に使う日焼け止めの場合には石鹸やボディーソープで落とせる日焼け止めは便利です。

落とし忘れにご注意

石鹸で落とせる日焼け止めは比較的簡単に落とすことができますが、顔や体を洗った際にうっかり落とし忘れちゃったということがないように念入りに洗い流すことが大切です。全身隅々まで日焼け止めを塗った日には、きちんと隅々まで石鹸やボディーソープで洗って落としきるようにしてください。洗い残してしまうと日焼け止めが残り肌荒れの原因となってしまうことも。しっかり泡立てた泡でくまなく、そして素早く洗うのがポイントです

敏感肌に合う日焼け止めで紫外線対策をしよう!

 敏感肌の方にとって日焼けは真夏だけでなく常に気になる問題です。肌に負担の少ない、自分に合う日焼け止めを選んで確実にUVカットしましょう。昔は肌に優しい日焼け止めというと、使用感が悪かったり塗ると真っ白になってしまうようなものが多かったですが今は違います。塗りやすく、白浮きしにくいものや日焼け防止だけでなく、見た目にも肌をきれいに魅せてくれるような日焼け止めがどんどん登場しています。敏感肌でも日焼け止めをうまく使って、太陽に負けずに外出を楽しみましょう!