胸ニキビの治し方3選!5つの原因と胸ニキビに似た病気もご紹介

胸ニキビが出来ても繰り返す…

胸元が開いている服や、水着など、胸元が見えるシチュエーションはいろいろとありますが、そんな時に困るのが胸ニキビではないでしょうか。

顔のニキビは青春の証なんていいますが、胸のニキビは繰り返すことが多く、治りにくい厄介なニキビと言えます。

そしてニキビと思っていても、実は違った病気ということもあるので、似た症状の病気についても説明します。

胸ニキビを治すには原因を知ることも大切ですから、5つの原因と治し方、予防法にもふれていますので、いつも胸ニキビができて困ってるという人はぜひ参考にして下さい。

そして、デート前には胸ニキビをしっかり治して、相手がつい触ってみたくなるような胸になりませんか?

胸ニキビと病気の見分け方を解説

胸辺りにできる、吹き出物はみんなニキビだと思っていませんか?胸ニキビだと思っていたのに、実は違う病気だったということもあります。ここでは胸ニキビに似た病気と、その見分け方を解説します。

赤いぶつぶつが広がる「接触性皮膚炎」

接触性皮膚炎というのは、かぶれとも言われますが、何かに触ってしまったりなど外的刺激に肌が触ることで赤いぶつぶつや盛りあがり、そして水庖などができてしまう疾患です。

接触性皮膚炎は、チクチクした服など刺激のある物に触れた時に起こる刺激性皮膚炎と、花粉などアレルゲン物質に触れることで湿疹が起きるアレルギー性皮膚炎の2つに分けることができます。

見分け方

接触性皮膚炎は、何か刺激性の物やアレルゲン物質に触れた時にでる疾患ですから、胸だけでなく触れた所全般に広がります。

一方ニキビは、皮脂などが毛穴に詰まって、そこにアクネ菌などが増殖して大きくなり、症状が進むと膿が真ん中に溜まってくるのでわかりやすいと思います。

赤い発疹が出る「マラセチア毛包炎」

マラセチア毛包炎は、あまり聞いたことがない病名ですが、小さい赤いぶつぶつができてしまう疾患です。

マラセチア毛包炎の原因は、マセラチア菌というカビの一種が毛穴で炎症を起こし、胸、背中、腕など汗が出やすい所にできやすいという特徴があります。

背中ニキビや胸ニキビは、このマラセチア毛包炎であることが多いと言われます。ニキビとマラセチア毛包炎は、原因もアクネ菌とマセラチア菌ということで2つの異なった病気になります。

ですから、ニキビだと思っても、もしマラセチア毛包炎だった場合は、市販薬などをつけても治らないこともあります。

見分け方

実際皮膚科の医師でもニキビと間違えることが多いと言われるマラセチア毛包炎の特徴は、ニキビよりも先端に光沢がある小さなポツポツができるところです。

ニキビの大きさは均一ではないのに対して、マラセチア毛包炎はほぼ同じぐらいの大きさのポツポツができます。

またニキビのように炎症を起こすことも少ないので、いくつかだけ大きくなったり、膿が出るということもないということが大きな違いです。

マラセチア毛包炎も、肌を清潔にしたり、服を通気性の良いものに変えたりなどする、治ってしまうことも多いと言いますが、もし繰り返し起きたり、広範囲に及ぶ場合は、医師の診断を仰ぎましょう。

チクチクと痛い「帯状疱疹」

帯状疱疹というのは、チクチクとした痛みから始まり、次第に赤みを帯びた発疹ができて、それが小さな水ぶくれになって、帯状になります。

帯状疱疹の原因は、水疱瘡のウィルスと同じ水痘帯状疱疹ウィルスで、過労やストレスなど免疫力が低下した時などに、神経節など神経細胞が集まった部分にできます。

胸部や腹部、そして頭部などにできることが多く、どの年齢の人もできますが、特に多いのは50代以上の人です。

見分け方

帯状疱疹は、右側だけ、または左側だけなど片側にだけでき、2箇所以上などいっぺんにいくつかの場所に現れることがありません。

そして帯状疱疹はかゆみよりも、ピリピリした痛みが強いのが特徴ですから触ってみると、解ると思います。

また帯状疱疹は赤みが出た後、水疱がブツブツでき始め、少し経つとかさぶたになるので、こういった進行状況で見分けられるのではないでしょうか。

赤いぶつぶつでかゆい蕁麻疹

蕁麻疹と言うのは、紅斑と呼ばれる赤くて平べったい盛りあがりができる疾患です。

強いかゆみがありますが、1〜3時間など時間が経つと消えることが多いのですが、長く続く時もあります。

蕁麻疹の原因は、食べ物や添加物といったアレルゲンに反応してできるアレルギー性と、熱さ、寒さ、の他摩擦などが原因でとなる非アレルギー性の2つがありあります。

見分け方

蕁麻疹も赤くて盛り上がりがあるので、ニキビに似ていると言えますが、ニキビはボコっとした盛りあがり方になるのに対して、蕁麻疹は平べったい盛りあがり方が特徴です。

また蕁麻疹は、時間が経つと消えてしまうことが多いので、そこも見分けるポイントと言えます。

undefined
あっきー
ワンポイント雑学!
蕁麻疹の名前の由来は、植物の蕁麻(イラクサのこと)に触るとできる湿疹によく似ていた為に、この名前がついたようです。

 白い小さなしこりがある「粉瘤(ふんりゅう)」

粉瘤という言葉もあまり、聞きなれないかもしれません。

この粉瘤というのは、良性の腫瘍の1つで、皮膚の下にある表皮に嚢胞という袋状のデキモノができて、古い角質など本来ならばターンオーバーによって剥がれてなくなるはずの物が溜まってしまう疾患です。

最初は数ミリ程度の大きさなので、ニキビと間違える人が多いのですが、それが徐々に大きくなっていって、コリコリとしたしこりを感じます。

痛みはなく、盛り上がった粉瘤にはへそと呼ばれる点がほぼ中央にできて、そこを押すとドロっとして強烈なニオイがあるものが出てくることがあります。これは粉瘤の元である古い角質などです。

見分け方

粉瘤とニキビの見分け方ですが、粉瘤はかゆみや痛みがないことが大きな違いと言えます。

また粉瘤が大きくなると真ん中に黒っぽいへそと呼ばれるものができてくるので、わかります。

粉瘤は時間が経つと、だんだん大きくなってきますので、小さいものはにきびですが、コリコリするようなしこりがあっても、痛みやかゆみがない場合は、粉瘤の可能性が高いと言えます。

ニキビと他の疾患の違いの比較

undefined
はるこさん
こうして表にしてみると、ニキビとの違いがはっきりするわね!
大きさや形かゆみ赤み
ニキビ1〜3ミリ程多少ある赤いものもあるが、他に白、黒、黄ニキビなどもある
接触性皮膚炎刺激を受けた所数センチから箇所全部など多少ある赤くなり、ひどいと小水疱ができることもある
マラセチア毛包炎1,2ミリの小さなボツボツ通常は軽いが、強いかゆみがある時もある赤みもある
帯状疱疹帯のように長細い形、水ぶくれができ、かさぶたになる治りかけの時に軽くかゆみがある時もある赤みもある
蕁麻疹平べったく盛り上がった円形強いかゆみ全体的に赤くなる
粉瘤(ふんりゅう)数ミリから大きくなると2,3センチかゆみはほとんどなし細菌に感染すると赤くなることもある

ニキビかなと思われる疾患は、こんなふうに表にしてみるといろいろありますね。

でも、例えば帯状疱疹のように痛みが強かったり、蕁麻疹のように痒みが強い、粉瘤のようにかゆみや赤みが殆どなかったりなど、それぞれに特徴があるので、ニキビかなと思ったら、まずは他の皮膚炎と比べてみましょう。

1番ニキビと間違えやすいのがマラセチア毛包炎ですが、この疾患は小さい赤いポツポツが広範囲にできることが多いので、写真などで見比べてみると良いかもしれません。

そしてもう1つ大切なことは、心配がある場合は皮膚科に行ってみるということです。忙しくて病院に行く時間がない場合は、薬局などでもちょっと聞いてみてもいいと思います。

勝手な思い込みで薬をつけたりして悪化することも考えられるので、薬をつける際は慎重にしましょう。

胸ニキビができる5つの原因

胸ニキビができる原因は、顔ニキビとは違っています。ここでは胸ニキビができる5つの原因について説明しましょう。

undefined
あっきー
胸の辺りは、元々皮脂腺が多い為にニキビができやすい場所なんです。そして胸ニキビを改善したり、予防するには、原因を知ることが大切ですよ!

衣服からの刺激

私達は毎日服を着ているので、服からの刺激といってもピンとこないかもしれませんが、例えばナイロンやポリエステルなど通気性の悪い生地で、これが擦れたりすると肌は刺激を受けるのです。

その他女性の場合下着が擦れることで刺激を受けてしまったり、重ね着をしていると蒸れて、さらに吸湿性が悪い服だと、細菌が繁殖しやすい状況になり、ニキビができやすくなります。

生活習慣の乱れ

生活習慣の乱れと言うと、仕事が忙しくて毎日寝るのも夜中を過ぎてからが多い、食事の時間もいつも不規則、睡眠不足などがあげられます。

こういった生活習慣の乱れが、なぜニキビと関係があるのかと言うと、こうしたことがホルモンバランスを崩す原因になってしまうからです。

ホルモンバランスと言うのは、男性ホルモンと女性ホルモンの両方が、バランスよく分泌されることで保たれています。しかし、生活習慣が乱れると、ホルモンのバランス崩れやすくなり、それが原因でニキビが増えてしまうわけです。

特に睡眠不足というのは、肌のキメを整える作用のある成長ホルモンの分泌が減ってしまうので、ニキビができやすいだけではなく、ニキビができて炎症などを起こした肌の修復や再生も遅くなり、色素沈着などを起こしやすくしてしまいます。

シャンプー等ののすすぎ残し

ニキビの原因の1つにシャンプーや石けんのすすぎ残しというのがあります。

シャンプーした後や、石けんで体を洗った後、しっかりと洗い流していますか?時間がない時など、パパっと流して終わりということもあると思います。

そんな時肌ではどんなことがおこっているかというと、残ったシャンプーや石けんが毛穴に入り込み、毛穴を詰まらせます。

顔にできるニキビの原因は、毛穴に詰まった皮脂だということはよく知られています。体の場合は、皮脂ではなくシャンプーや石けんのすすぎ残しが毛穴に入ることで、ニキビができるわけです。

不衛生な環境

不衛生な環境というのは、かなり漠然としていますが、胸ニキビができる原因としては、汗をかいても拭かない、何週間も同じ寝具を使い続ける、同じ服を何日も着る、髪が胸に触るといった環境です。

汗も皮脂と同じように、汗をかいて拭かないと毛穴に詰まって、ニキビの原因になります。

雑菌がついた汚れた服や寝具は、皮脂や皮膚の老廃物などがついています。例えば部屋着としてTシャツなどを、使っている人も多いと思います。

そういったTシャツは毎日洗うことは少ないのではないでしょうか?

1,2週間続けて着ない限り、見た感じはそれほど汚れているようには見えないかもしれませんが、汗や古い角質などが溜まって、肌と汚れを擦り付けあっているのです。

特に汚れた寝具はフケや皮膚の老廃物などがついていて、それを餌にするダニもいる可能性が高いです。そういった汚れやダニなどが、ニキビの原因になってしまうのです。

ホルモンバランスの乱れ

生活習慣の乱れの所でも少し説明していますが、ホルモンバランスの乱れと言うのは、ニキビの原因の1つです。

元々ホルモンと言うのは、男性は男性らしい体型を作ったり、女性は妊娠しやすい状態を作ったり、女性らしい体型を保つために必要です。

しかし、ホルモンバランスはストレスや生活習慣の乱れによって、簡単に乱れてしまうのです。ホルモンバランスが崩れて男性ホルモンの分泌が活発になると、皮脂の分泌が多くなります。

皮脂が必要以上に分泌するとそれが毛穴につまり、ニキビができるわけです。

ホルモンバランスとストレスは、かなり深い関係があります。強いストレスを感じると、そのストレスに負けない為にホルモンの分泌を促すのです。

自分ではあまり気にしていないつもりでも、ストレスと感じていると、ホルモンバランスが崩れて、ニキビができやすくなります。

もし、ニキビの原因にあまり心当たりがない場合は、ストレスが原因でホルモンバランスが崩れているのかもしれません。

乾燥による皮脂の過剰分泌

洗浄力が強い石けんやボディシャンプーを使って、ゴシゴシ洗ったりすると、体に必要な皮脂も一緒に流されてしまいます。

そうなると体は、皮脂が足らないので皮脂の分泌を促す男性ホルモンの分泌を促し、結果皮脂がたくさん分泌される為過剰になってしまうのです。

過剰な皮脂は、毛穴に詰まりやすい為、ニキビができてしまうのです。

undefined
あっきー
はるこさん、ニキビのジンクスって知ってますか?ほら、想い想われ振り振られってあるじゃないですか?
undefined
はるこさん
あ〜あれね。でも、ニキビのジンクスって、あんまりよく知らないのよね。
undefined
あっきー
じゃ、そんな先生に、1つ特別なニキビのジンクスを教えてあげますよ。胸の間にニキビができると、両思いになれるそうですよ。ほら、先生はいつも片思いで終わるじゃないですか、胸ニキビできるといいですね。
undefined
はるこさん
そうね、胸ニキビができるように、蒸れやすい服来て、シャンプーとかあんまり流さないようにでもしようかしら…

胸に黒いニキビ跡を作らない綺麗な治し方3選

胸にニキビができるのは仕方がないにしても、それが悪化すると黒ニキビ跡ができます。

黒ニキビ跡というのは、ニキビができて炎症が治まっても皮膚の下には傷が残ってしまいそれが色素沈着を起こして、黒ずんでしまったニキビ跡のことです。胸にそんな黒い跡ができないように、綺麗に治す方法を伝授します。

undefined
はるこさん
ニキビ跡は、ニキビができた所全部にできるわけじゃないのよ。炎症がひどかった時と、正しいニキビ治療をしなかった時なの。だからここででは、ニキビを治す時に気をつけたほうが良いことを3つピックアップしてみたから、参考にしてね!

出来たニキビは潰さない

ニキビ跡ができる1番の原因というと、ニキビを潰してしまうことがあげられます。

ニキビの炎症がひどいと、白っぽい膿の部分も大きくて、つい気になって触ってしまいます。触るだけだならまだ良いのですが、つい潰してしまうこともあるのではないでしょうか?

ニキビを潰すと、膿は飛び出ますが、皮膚にはしっかりと傷が残ってしまうのです。

そしてその傷は、色素沈着しやすい為に、黒っぽいニキビ跡になってしまうわけです。胸の場合、シャツや下着などが接触する場所ですので、自分で潰さなくても、服などで擦れて潰れてしまうこともあります。

胸ニキビができても、なるべく触ったりしないことと、服なども触らないようにゆったりとした物を着るなどして、潰れないようにすることが大切です。

胸元の保湿をする

ニキビをきれいに治すためには、胸元の保湿をするということも大切です。

ニキビができる原因の1つは、皮脂が過剰に分泌されていることもあげられますが、皮脂が多いからといって保湿をしないと、肌のターンオーバーも正常に機能しなくなります。

ターンオーバーというのは、過剰なメラニンや古い角質といった老廃物を排出して、新しい細胞を作ることですが、これが正常に働かないと、肌の再生がうまく行かないのでシミになりやすくなってしまうのです。

また、保湿をしないと肌は乾燥してしまいます。肌が乾燥すると、毛穴が狭くなったり詰まりやすくなり、ニキビができやすい肌の状態になってしまったり、肌が乾燥しているので皮脂の分泌を多くするように、間違った命令が出され、皮脂過剰の状態になることもあります。

そうならない為には、ローションなどを使ってしっかりと、保湿しましょう。 

オルビス クリアボディローション

Source: アマゾン

オルビスクリアボディローションは、グリチルリチン酸ジカリウムと、甘草エキス、桑白皮エキス、桃仁エキスなど3種類の和漢を配合した、ニキビ予防のローションです。

ニキビの原因である毛穴を詰まりやすくする油分をカットして、スッキリと感じるメントールを配合しているので、ベタベタは抑えているのに、しっかり保湿します。

またスプレータイプのローションですので、胸だけではなく、背中などにも塗りやすいというのも、オススメポイントです。

オルビスクリアボディローションはこちらから

 クリスタルモーション

Source: アマゾン

クリスタルモーションは、有名ショッピングサイトの美容コスメ香水ランキング1位を獲得した薬用ニキビケアジェルです。

主要成分にはニキビの炎症を抑えるグリチルリチン酸ジカリウムと、肌を整える作用があるプラセンタエキスを使っています。

その他にもコラーゲン、ヒアルロン酸と、人参エキス、アロエエキス、エイジツエキスなど9種類の天然美容成分を使い、肌の奥まで浸透しやすいナノ化成分と高分子成分の大きさが違う成分を配合しているので、相乗効果で肌の表面から奥までしっかりと作用するようです。

また、60日間の全額返金保証があるので、肌に合うかどうか心配と言う人にもおすすめです。

クリスタルモーションはこちらから

市販薬を使う

ニキビができてしまった時は、市販薬を使えば早く治るかな?と誰でも思うのではないでしょうか?

ニキビ薬の成分は、いろいろと種類がありますので、どういったものがあるのか見てみましょう。

種類効果市販薬よく使われる成分
ビタミン系メラニンの生成を抑制ビタミンC誘導体
殺菌系アクネ菌を殺菌する作用、サリチル酸、イソプロピルメチルフェノール
炎症系炎症や赤みを抑えるグリチルリチン酸にカリウム、アラトイン
硫黄殺菌作用、皮脂吸収作用
硫黄
ピーリング系殺菌、ピーリング過酸化ベンゾイル

1つの薬には、ビタミン系の成分と殺菌系の成分というように、いくつかの成分が一緒に使われていることが多いようです。

市販薬もニキビのタイプに合えば、効果がある可能性が高いと言えます。

タイプがあうというのは、例えば、アクネ菌が多く他の場所にもニキビができそうな時は、アクネ菌を殺菌する作用がある物にするとか、ニキビの赤みが強く炎症を起こしている時は、炎症を抑える成分が入っているということです。

とはいえ、ニキビを見ただけでは、判断しきれないと思いますので、市販薬を使う際は薬剤師の人などに見てもらって、1番合うものを選んでもらうのが無難と言えます。

オロナインH軟膏

オロナインというと、薬箱によく入っている常備薬の1つではないでしょうか?

そのオロナインH軟膏は、ひび、あかぎれ、しもやけ、軽い火傷など、かなり広範囲の皮膚疾患に効くということもあって、昔からよく使われていた軟膏だと思います。

このオロナインH軟膏はニキビにも効果的と言います。その理由は有効成分のクロルヘキシジングルコン酸塩液には、消毒殺菌効果があり、その他オリーブ油、ワセリン、グリセリン、ステアリルアルコールなどの保湿成分が入っているので、初期のニキビなどには効果があると言います。

しかし、調べた限り、ニキビに効果があると言える成分は、上に上げた5つの成分だけになりますので、ひどいニキビや、繰り返しできるニキビには、あまり向いていないようです。

反対にひどいニキビにつけて、悪化すると困りますから、繰り返しできるニキビや、炎症がひどいニキビの時は、使わない方が良いと思います。

オロナインH軟膏はここから

ペアアクネクリームW

Source: アマゾン

ペアアクネクリームWは、LIONの製品で有効成分のイブブロフェンピコノールがアクネ菌による毛穴の詰まりにくくして、炎症も抑えてくれます。

そしてペアアクネクリームWの特徴はベタつかず、伸びが良い透明のクリームなので、その上からメイクをすることができるスグレモノなのです。

女性の方はニキビの薬を塗って、それからメイクをしたことがある人は多いと思いますが、基本的にはNGということが多いと言えます。

ローションタイプは別にして、NGの理由は軟膏などは油分が多いので、その上からメイクをすると滲んだりしますし、クリームも物によっては、化粧した所が浮いてしまったりすることもあるからです。

しかし、ペアアクネクリームWは、塗った上にメイクしてもあまり違和感ないので、ニキビがあまり気にならなくなるという所が強みです。

ペアアクネクリームWはこちらから

市販薬についてもっと詳しく知りたい人はコチラからチェックしてみてくださいね。

胸ニキビの予防方法3選

胸ニキビの予防は、顔のニキビの予防とは若干違っています。

顔ニキビの場合、洗顔などを小まめにしたり、ローションをつけて皮脂をコントロールするということが、基本になります。

しかし胸など体の場合は、シャワーを小まめに浴びるということは、仕事をしているとなかなかできないので、もっと基本的な生活習慣を見直したり、不潔にしないということが大切なようです。

生活習慣を見直す

先にも述べましたが、胸ニキビの大きな原因はホルモンバランスの崩れで、それによって皮脂が多く分泌したり、毛穴のまわりの角質が厚くなることでニキビができやすい状態になります。

そのホルモンバランスの崩れをもたらすものは、不規則な食事時間や睡眠時間、運動不足、ストレスなどです。ですから、胸ニキビを予防したいならば、生活習慣を見直すことを最初にしたほうがいいでしょう。

生活習慣を見直すにしても、いっぺんにはできませんから、まずは睡眠と食事の時間をある程度決めてと言うように、少しずつ見直してみましょう。

バランスの良い食事をとる

決まった時間に食事をすることと同じぐらい大切なことに、バランスの良い食事をするということもあげられます。

仕事が忙しかったりすると、どうしても外食やファストフードなどで簡単に済ませてしまうという人も多いと思います。しかし、外食やファストフードは、カロリーと脂質は多いのに、ビタミンやミネラル、タンパク質など体に必要な栄養素は少ないということも多いのです。

ニキビというのは、油っぽい揚げ物や、ハンバーガー、ラーメンなど脂質が多い食事をしても、皮脂の分泌が多くなるので、ニキビ予防するならば、サッパリ系の和食や、単品ではなくいろいろな食材が食べられる定食にするなど、バランスが良い食事を摂るように心がけましょう。

適度な運動を行う

仕事が忙しいから、運動なんてほとんどしてないなんて人も、いるのではないでしょうか?でも胸ニキビを予防しようと思ったら、少しずつでも運動を取り入れる必要があります。

なぜなら運動をすると体温が上がり、血の巡りが良くなります。そして血のめぐりが良くなるということは、血や酸素、そして栄養も体中に行き渡ります。そうすることで細胞も活発化して、ターンオーバーも促してくれるのです。

反対に運動といったら、会社と自宅の間の距離ぐらいという人の場合、体をほとんど動かしていないので血流が悪く、肩こりやむくみなどが起きやすい、ターンオーバーの機能も低下するのでくすみやすくなったりします。

そして適度な運動というのは、マラソンを10キロとか、水泳を100mを5本といった、かなりエネルギーを使うようなちゃんとした運動ことではありません。

例えば会社に行く時1駅分歩くとか、エレベーターではなく階段にする、ラジオ体操やエクササイズをするといったことです。

勿論、週に数回などテニスをしたり、ヨガに行ったりなど、運動する日が決まっているのであれば、それに越したことはありませんが、実際仕事や家庭のことで忙しいとできないことも多いと思うので、毎日少しずつ運動を取り入れるように努力してみましょう。

質の良い睡眠をとる

毎日ベッドに行くのが夜中過ぎ、睡眠時間が4,5時間なんていう強者もいるかもしれません。

胸ニキビ予防には、睡眠時間の確保と同時に質の良い睡眠をとることも大切です。睡眠というのは、体は寝ているのに脳は覚醒状態という「レム睡眠」と体と脳の両方が深い睡眠状態にある「ノンレム睡眠」の2種類があります。

このレム睡眠とノンレム睡眠は90分周期で交互に来ると言われていて、質の良い睡眠と言うのはノンレム睡眠に入るまでの時間が短いことと、ノンレム睡眠の量が多いことを指しています。

私達の生活は、実は質の良い睡眠を妨げる行動をしているので、なかなか質の良い睡眠をとることができないと言われています。

質の悪い睡眠を招く行動

  • 食べた直後に寝る
  • 寝る前にスマートフォンやタブレットをみる
  • 寝る前の激しい運動
  • 寝る前の熱いお風呂
  • 寝る前にコーヒーや緑茶などのカフェイン飲料を飲んだり、タバコを吸う

意外と多いのが、寝る直前に夕ご飯を食べるという人です。

仕事から遅く帰ってきて、ご飯を食べて、その10分後には寝てしまいたいという気持ちはわかりますが、寝る直前に食べてしまうと、食べた物を消化する為に消化器官はずっと働きますし、その指示を出すために脳も休めないのです。

スマートフォンやタブレットにはブルーライトという光が使われていて、これが交感神経を優位にしてしまうので、熟睡ができなくなります。

激しい運動や熱いお風呂も、寝る2,3時間前には終わらせるようにしないと、刺激となってぐっすりと眠れるタイミングを妨げることになります。

カフェインやタバコも同じように、刺激物ですので、人によっては眠りにつく邪魔をしてしまうようです。

質の良い睡眠をとるには、食事、お風呂、運動などを寝る2,3時間前には終わりにして、スマホなどは見ないで寝ましょう。また明かりがついていると脳が覚醒しやすいので、なるべく真っ暗な状態にして、寝ると良いようです。 

undefined
はるこさん
軽くストレッチには、体をほぐして、リラックスさせる効果があるんですよ。1日中座っていると肩や首がコリますよね。そんな時は3分間ぐらいの軽いストレッチをすると、血行が良くなって副交感神経が優位になるので、眠りやすい状態になります。ぜひやってみて下さい!

汗はこまめに拭く

ニキビの予防に大切なことは、不潔にしないことです。

汗をかいても拭かない、汗で汚れたパジャマなどを続けて着ていると、汚れが肌につくのでバイ菌を増殖しやすい状態になって、どうしてもニキビができやすくなってしまいます。

胸周辺は、汗をかきやすい場所です。なるべく通気性の服や下着をつけて、汗をかいたらこまめにふくようにしましょう。その為には、ウェットティッシュやハンカチを常備して、汗をかいたら拭けるように準備をしておきましょう。

入浴方法を見直す

胸ニキビができる原因の1つは、シャンプーや石けんが肌に残ったままの状態になってしまうことです。ですから、そうならないように入浴方法を少し見直してみることも必要です。

例えばシャンプーをして体を洗った後は、湯船にもう1度浸かりましょう。湯船に浸かると肌が柔らかくなりますし、体が温まって毛穴も開いてくれるので汚れが落ちやすくなります。

シャワーだけの場合、髪をまず洗い、それから顔、体という順番で洗うと、洗い残しが少ないと思います。

また湯船がないからといって、シャワーをニキビができている所に近距離でかける、肌に必要な皮脂も洗い流されてしまって乾燥したり、反対に皮脂が不足しているからと脳が判断して皮脂が過剰に分泌されることもあるので、シャワーだけの場合は長時間にならないように気をつけましょう。

胸ニキビは原因に合った対策できちんと直そう!

胸ニキビを治すには、原因は何なのかをまず考えてみましょう。

例えばシャンプーなどがきちんと洗い流せていない、汗が出てもあまり気にせずいた、生活習慣の乱れなど、よく考えてみると原因がわかることもあります。

まずは、自分で原因であることを改善してみるのです。例えばシャンプーが肌に残っているならよく洗うなど、自分でできることは確実にあるはずです。いろいろとやってみて、どうしても見つからなかったり、なかなか胸ニキビが治らない場合は、皮膚科に行ってみることも必要です。

ニキビは食生活を変えたり、薬を塗ることで改善することもありますが、繰り返しニキビができたり、悪化してしまうと厄介なのもニキビです。ニキビは悪化すると跡になってしまうので、そうなる前に皮膚科に相談して、ニキビの改善をはかりましょう。