妊娠中の肌荒れ対策|妊婦にも優しい化粧品3選とスキンケア方法

妊娠中でもできる肌荒れ対策って?

妊娠中は、そうでない時に比べて肌荒れを起こしやすいと言われています。今まで、肌荒れに悩んでいなかった人も妊娠初期から酷い肌荒れに悩まされてしまうのです。妊娠初期は、肌荒れだけではなく悪阻などの体調の変化でストレスを感じやすいです。妊娠中のストレスを少しでも改善出来るように、私、編集長こと水野春子と一緒にスキンケアで肌荒れの対策を行いましょう。妊娠中の肌荒れの原因や、対策方法、おすすめのスキンケアなどを合わせて紹介します。今日から肌荒れ知らずの綺麗な肌を作り上げていきましょう。

妊娠中は肌トラブルに悩む女性が多い!

妊娠中の肌トラブルに悩む女性はあなただけではありません。かゆみ・乾燥・ニキビ・シミなどなど、あまりひどいとストレスになってしまうトラブルばかりです。特に冬場は乾燥がひどくなりがちで、乾燥からくるかゆみで夜も眠れないなんてことも。

そもそも妊娠中の女性が肌トラブルに見舞われやすいのは、妊娠中に分泌されるプロゲステロン(黄体ホルモン)が深く関係しています。女性の体は子どもを迎えるために、月経周期にともない変化していますが、妊娠中は排卵後に分泌されるプロゲステロンというホルモンが出産まで分泌されつづけるのです。

乾燥の原因

妊娠中に多く分泌されるプロゲステロンは基礎体温を上げたり、子宮内膜を厚くして妊娠を助ける役割を担っています。妊婦さんにとっては必要なホルモンですが、分泌されている間は肌の水分量が低下し、乾燥しやすくなるという特徴があります。それだけではなく、妊婦さんが摂取した栄養はお腹の赤ちゃんに優先して運ばれるので、十分な栄養を補給しないと肌代謝が滞り、老廃物もたまってしまうという最悪の状況になってしまうのです。

肌が乾燥する原因は、プロゲステロンだけではありません。妊娠中は母親が摂取した水分が赤ちゃんに優先して送られるため、水を飲む量が十分でないと、母親の体の水分がお腹の赤ちゃんに送られてしまいます。

妊娠中は栄養バランスのよい食事はもちろん、水分をこまめに摂ることも必要なんですね。

かゆみの原因

妊娠中、体中がかゆくてとてもじゃないけど眠れない。そんな悩みは珍しくありません。妊娠中に体がかゆくなるのは、肌の乾燥や内臓の状態にも関係があります。妊娠中は体の水分が赤ちゃんに優先的に送られるため、母親の体は水分不足になりやすい状態です。そしてお腹や胸が急激に大きくなるので、皮膚が薄く引っ張られるようになり、余計にかゆみを生じやすくなります。

子宮が大きくなって胆嚢を圧迫されて胆汁の流れが悪くなると、血液から胆汁へ排出されるはずのビルビリンという物質が排出されにくくなり、血中のビルビリン濃度が高まるとかゆみを引き起こすとも言われています。

対策としては、肝臓に負担のかかる食事を避け、疲れた時には横向きのシムスの体位で体を休めるなど、妊婦さん特有のものが必要になります。

ニキビの原因

プロゲステロンの働きで肌が乾燥すると、乾燥からくるニキビの原因にもなります。肌表面が乾燥すると毛穴周りの皮膚が硬く、小さくなり、少しの皮脂で毛穴つまりを起こしてしまうのです。毛穴が詰まってしまったまま放置すると、毛穴内部の皮脂が炎症を起こしてニキビになってしまうということですね。

プロゲステロンには、皮脂の量を増やす働きもあります。妊娠中はこうして、ニキビができるための好条件がそろってしまっているのです。

シミの原因

出産後も母親を悩ませる最大の肌トラブルがシミです。シミはニキビや乾燥とは違い、出来てしまったら完全に消し去ることが難しい厄介なトラブルです。妊娠中は、紫外線を多く浴びてしまう顔などを中心にシミが出来やすくなるのですが、この原因も、プロゲステロンが関係しています。プロゲステロンはシミの原因となるメラノサイトへの刺激を強める作用を持つので、妊娠中はいつもよりしっかりとした紫外線対策が必要なのです。

妊婦さんの肌荒れの原因とは?

妊婦さんが肌荒れを起こしてしまうのは、具体的にどういったことが原因になるのでしょうか。順番に見ていきましょう。

はるこ先生
妊婦さんの肌荒れの原因を知らないままでは、適切な解決をすることは難しいですよね。考えられる3つの原因や主な症状を知って、原因を作らない生活を意識することが大切ですよ。

 妊娠中のホルモンバランスの変化

妊娠を機に、プロゲステロンと呼ばれる黄体ホルモンの分泌が活発になります。このプロゲステロンが原因で肌荒れが起きてしまうのです。妊娠中に限らず、ホルモンバランスが乱れると肌の水分量や皮脂量が崩れます。その結果、乾燥を引き起こしたり皮脂の多い肌になります。肌の状態が悪化すると、肌質が偏り刺激などに反応しやすくなってしまう可能性があります。この肌荒れを引き起こしているプロゲステロンはお腹の中で赤ちゃんを育てる為に必要なものです。このホルモンは、赤ちゃんが快適に過ごせるように子宮を整える役割をしています。基本的には、妊娠初期から出産を終えるまでこのホルモンは分泌されます。

妊娠中の肌荒れで赤ちゃんの性別がわかるって本当!?

昔から、肌荒れが酷い場合には「女の子」である可能性が高いと言われています。これは、お腹の中に居る赤ちゃんが持っている女性ホルモンが原因で女性ホルモンが多くなりホルモンバランスが乱れるからだと考えられています。
反対に男の子の場合にはお腹の中に赤ちゃんが持っている男性ホルモンによって、ホルモンバランスが整うと考えられているのです。しかし、これはあくまでもジンクスです。医学的な根拠はないため、肌荒れの状態で性別を確定することは出来ません。

はるこ先生
ジンクスであっても、お腹の中の赤ちゃんの性別を考えるのは楽しいですよね。さまざまなジンクスがあるので、性別が確定するまでジンクスで楽しんでみてください。

 栄養不足や水分不足

 妊娠中は自分の栄養だけではなく赤ちゃんが成長するための栄養を摂取する必要があります。それは栄養や水分が不足すると、赤ちゃんに優先的に栄養や水分が送られる仕組みになっているからです。そのため、十分に栄養や水分が摂取出来ていないと女性の身体は栄養不足になってしまい、肌を綺麗に保つための栄養が不足し肌トラブルが起こりやすくなることもあるので注意しましょう。妊娠初期は悪阻で満足に食事が摂れないことがあります。そのため、こういった原因で肌荒れを起こしやすい時期でもあるのです。

便秘の影響

妊娠中に便秘に悩まされる女性も多いです。便秘は、妊娠中のホルモンバランスの乱れが原因だと考えられています。便秘になると、本来身体の外に排出されるはずの有害物質が身体の中に溜まります。その結果、便からではなく皮膚から有害物質を排出させようとする働きGA起こるのです。肌は余分な水分うや汚れを排出するために新陳代謝を行っています。しかし、それに合わせて有害物質が排出されると新陳代謝が間に合わなくなり肌荒れを起こしやすくなってしまいます。

主な肌荒れの症状

妊娠中の肌荒れで多い症状は「ニキビ」「吹き出物」だと言われています。これは、皮脂が過剰に分泌されたり肌が乾燥することで起こります。また、「乾燥肌」「肌のかゆみ」「シミ」などに悩まされることも多いです。このような症状は顔だけに現れるものではありません。症状が悪化すると、首や手足など全身に肌荒れが起こる可能性もあるので注意をしましょう。肌が敏感になることで、化粧水がしみたり今まで使用していたケア商品では十分な効果が得られなくなることも考えられます。

アッキー
妊娠すると、さまざまな肌荒れの症状が出て大変なんですね。肌荒れが酷くなるとそれだけでストレスを感じてしまいそう…。

妊娠中の肌荒れはいつから始まるの?

妊娠中の肌荒れは、いつから始まり、いつになったら治まってくれるのでしょうか。妊娠初期は一番肌荒れしやすいといわれますが、中期になったら落ち着いてくれるのでしょうか。妊娠が進むにつれて母親の体の中で起きるホルモンバランスの変化を軸に、肌荒れの様子がどう変化するのか調べてみました。

一番肌荒れがひどくなるのは妊娠初期

はるこ先生
妊娠初期はプロゲステロンが妊娠中で一番活発に働くから、肌荒れが一番起きやすい時期なんです。今まで使っていた化粧品が合わなくなったり、突然シミが出来たりしてショックを受けることも。

妊娠するとプロゲステロンの分泌が活発になり、妊娠8ヶ月から9ヵ月頃までは活発に分泌されます。そして、美しい肌を作り出すエストロゲンも同じように妊娠中に大量に分泌されます。妊娠初期はプロゲステロンのほうが多く分泌されるため肌荒れがひどくなりがちですが、安定期に入る頃からエストロゲンの量がプロゲステロンの量を超えるので、肌荒れも一旦落ち着くのです。

この時期を乗り切るには、洗顔せっけんや化粧品を敏感肌用に変えたり、加湿器を利用したりして肌に負担をかけない環境づくりをこころがけるのも大切ですね。

肌荒れが落ち着く妊娠中期

妊娠中の肌荒れの最も大きな原因であるプロゲステロンは、妊娠初期は卵巣から分泌されています。妊娠16週目ごろには胎盤が完成し、それまで卵巣から分泌されていたプロゲステロンが、胎盤から分泌されるようになります。この時期を境に、妊娠初期の顕著な肌荒れがいったん落ち着くことが多いです。

ただ、肌荒れが落ち着いたからと言って、日焼け止めを塗り忘れたり、いつもの肌ケアを怠るのは要注意です。ホルモンバランスの変化は出産後まで続くので、妊娠前よりも丁寧な肌ケアを心がけましょう。

妊娠後期はエストロゲンが増加

妊娠後期には、プロゲステロンだけでなくエストロゲンが大量に分泌されます。エストロゲンはコラーゲンの生成を促し、女性の美しさを支えるホルモンです。エストロゲンが増加することによって、肌にハリが出てくるだけでなく、余分な皮脂の分泌を抑制してくれるので、ニキビも出来づらくなってきます。出産前にはエストロゲンのおかげで肌艶が妊娠中で一番よくなるという妊婦さんも多いですね。

アッキー
妊娠初期と中期と後期でこんなにもホルモンバランスが変わるものなんですね。妊婦さんって大変だなあ……。
はるこ先生
そうね、でも、自分が今どの時期に当たるのかわかれば、いつ頃まで肌荒れに悩まされるのかを知ることが出来て安心よね。

肌荒れがヒドイと、お腹の赤ちゃんは男の子?

赤ちゃんの性別が決まるのは受精した瞬間ですが、性別が判明するのは早くても妊娠5ヶ月以降からになります。お腹の赤ちゃんが男の子の場合、妊娠8週頃にアンドロゲンと言う男性ホルモンが分泌されて、赤ちゃんの脳と性器を男性の形に変えるのです。

このアンドロゲンには、皮脂量を増やしてニキビをできやすくしたり、体毛を濃くしたりする作用があるので、妊娠初期にニキビなどの肌荒れがヒドイ時はお腹の子が男の子なのではないかと思う妊婦さんもいます。

でもこれはいわゆる都市伝説のような話で、医学的には、妊婦さんの肌荒れとおなかの子の性別は関係ないようです。

 毎日のスキンケアで肌荒れ対策

毎日スキンケアをしていても肌荒れが改善されないと感じることもあります。肌荒れの対策を行うためには、正しい方法で洗顔や化粧水などを使用する必要があります。毎日行うスキンケアの正しい方法を再確認していきましょう。自分が行っている方法と違うと感じた場合には、これを機に改善することも大切です。

正しい洗顔方法

まずは、正しい洗顔方法を確認しましょう。洗顔方法を間違えてしまうと肌の乾燥を悪化させたり、肌に大きなダメージを与えてしまう可能性があります。

まずは手を清潔にする

洗顔を行う前に手を洗い清潔な状態にしてください。手が不衛生な状態になっていると、洗顔が思うように泡立たなかったり泡が不衛生なものになってしまいます。中には、きめ細かい泡を作る為に「泡立てネット」を使用する人もいますが、泡立てネットも常に清潔な状態にしておきましょう。

はるこ先生
不衛生な手や不衛生な泡立てネットでの洗顔は、顔に菌などを塗っている状態になるので注意をしましょう


洗顔に時間をかけない

「お肌が荒れているから念入りに洗顔をしよう」と長時間洗顔料を顔に付けていませんか?長時間洗顔料を顔に付けていると、石鹸の刺激で肌に大きな刺激が与えられてしまいます。そのため、しっかりと洗顔料を泡立てたらクルクルと円を描くように優しく洗顔を行いましょう。この時に、泡を転がすようなイメージで洗顔を行うことが大切です。短時間で優しく洗顔を行うようにしてください。洗顔時間の目安は1分~1分30秒です。

洗顔料を十分にすすぐ

洗顔が終わったら、顔についている洗顔をしっかり洗い流します。すすぐ時の温度は38度程度です。熱すぎるお湯は、必要な皮脂を取り除いてしまう可能性があるので注意をしてください。また、この時にシャワーの使用はおすすめできません。シャワーの刺激が原因で、肌に大きなダメージを与えてしまう可能性が考えられます。桶などにお湯を注ぎすすぎ残しがないようにしっかりとすすぐようにしてください。洗顔料が顔に残っていると、肌荒れの原因になります。

タオルで押さえるように水分を拭く

十分にすすいだら、清潔なタオルで水分をふき取ります。この時に、タオルでゴシゴシ顔を拭くのはやめましょう。水分をポンポンと軽く押さえるようにすることが大切です。洗顔後の肌は敏感です。タオルでの摩擦で肌にダメージを与えてしまいます。

バリア機能を低下させるNGな洗顔方法

  • 冷水や熱湯で洗顔をする
  • 洗顔料を泡立てずに直接顔につける
  • 強い力でゴシゴシしている
  • 長時間洗顔料を顔につけている
  • 1日に3回以上洗顔をする

保湿で潤いを保つ

正しい洗顔ができたら次は保湿をしてお肌に潤いを与えてあげましょう。

はるこ先生
洗顔後は肌が敏感になっているのですぐに保湿ケアをしてあげることが大切ですよ!化粧水はコットンを使用する場合や手で付ける場合があります。それぞれどのような方法でつけるべきなのかを把握しておきましょう。

化粧水や乳液をつけるタイミングはいつ?

洗顔後は、時間が経つと化粧水の浸透率が低下してしまいます。また、洗顔を行ったことで肌が乾燥している状態です。そのため、洗顔を終えたらなるべく早く保湿成分が入っている化粧水を使用してください。

一度にどのくらいの化粧水を使用するべき?

「化粧水はたくさんつけた方がいい」という話をよく聞きます。確かに水分が失われている状態なのでたくさんつけた方がいいと言われています。しかし、一度にたくさん付けても意味がありません。100円玉程度の化粧水を2~3回に分けて肌に浸透させてください。

 化粧水を手でつける方法

  1. 100円玉程度の化粧水を手の平にのせて馴染ませます。
  2. 手の平で顔を覆うようにしてまんべんなく化粧水を肌に馴染ませます。
  3. 化粧水がある程度肌に馴染んだら、もう一度同じ方法で化粧水を顔にのせてください。
  4. 目元や口元などの細かい部分に重点的に化粧水を浸透させます。
  5. 指の腹で全体的に押さえます。
  6. 顔を触ってみて肌が手に吸い付くような感覚になっていたら完了です。

化粧水をコットンでつける方法

  1. コットンにしっかりと化粧水を馴染ませます。
  2. 利き手の人差し指と薬指でコットンを挟むように持ちます。
  3. 顔の内側から外側に向かって優しく拭くように化粧水を浸透させてください。
  4. 目元や口元などの細かい部分を拭いて化粧水を馴染ませます。
  5. そのまま首元にコットンを滑らせてください。
  6. 顔を触ってみて化粧水が足りないと感じる場合には同じ作業を繰り返します。
はるこ先生
手でつける場合には、化粧水が手に浸透して均等に顔につけることができない可能性があります。反対に、コットンの場合にはコットンが肌への刺激になることがあります。それぞれのデメリットを知った上で、自分にあった方の化粧水の付け方参考にしてください。

使っている化粧品を見直す

妊娠中の妊婦さんが肌荒れを起こす原因は、使っている化粧水が肌に合っていない可能性も考えられます。肌が敏感になっていると感じる場合には、低刺激の物を選ぶようにしてください。刺激が強い化粧品を使い続けると、肌に大きなダメージを与えて肌荒れの原因になってしまいます。また、しっかりとスキンケアを行っているのに、肌荒れの対策が出来ていないと感じることもあります。この場合にも、一度化粧品を見直して妊娠中の敏感な肌に合うようなものを見つけるようにしましょう。妊娠中は、今まで使っていた化粧品が急に合わなくなることもあります。

スキンケア以外でも肌荒れを予防

肌荒れを予防するためには、スキンケアだけではなくその他にもさまざまな予防対策を行う必要があります。適切なスキンケアを行った上で、以下の予防方法を試してみてください。肌の調子を整えるだけではなく、肌荒れの原因を根本的に改善していくことが大切です。スキンケアだけでは十分な効果が得られないと悩んでいる人必見です!

バランスの良い食事

妊娠中は、食べ物の好みが変わることがあります。また、悪阻の影響で偏った食生活になりやすいです。肌荒れを予防するためには、バランスの良い食事を意識することが大切です。肌の調子を整えるためにも「ビタミン」「ミネラル」「鉄分」をバランスよく摂取してください。これらの栄養は、肌に潤いや栄養を与えるには大切なものです。

栄養の種類効果・効能多く含まれている食材
ビタミンA・シミやシワの改善効果
・肌の健康を維持する効果
・抗酸化作用
・レバー
・にんじん
・ほうれん草
・うなぎなど
ビタミンB1・神経の働きを正常に保つ効果
・アルコールの代謝を助ける効果
・玄米
・ピーナッツ
・豚肉
・ごまなど
ビタミンB2

・細胞の再生を補助する効果・乳製品
・卵
・レバー
・納豆など
カルシウム・新陳代謝の促進効果
・バリア機能の強化
・肌の潤いを保つ効果
・牛乳
・ヨーグルト
・チーズ
・わかめなど
鉄分・シミの予防効果
・肌にハリを与える効果
・レバー
・赤身肉
・牡蠣
・煮干しなど
ビタミンC・肌の免疫機能を高める効果
・コラーゲンの生成を助ける効果
・アンチエイジング効果
・ピーマン
・モロヘイヤ
・パプリカ
・ブロッコリーなど
アッキー
栄養にはそれぞれ違った作用があります。それぞれの栄養が不足しないように、3食バランスの良い食事を摂るように意識してみましょう。

◎亜鉛は1.3倍

免疫力を高め、細胞分裂を促進する亜鉛は、不足すると悪阻の原因にもなります。逆に考えれば、きちんと摂取することで赤ちゃんの健康的な発育を促進してくれるのです。妊娠中は、妊娠していない時の1.3倍の亜鉛が必要です。これを補うには、牡蠣なら100g分(6~7粒程度)、豚レバーなら200g分が必要です。

◎鉄は1.7倍

妊娠初期の12週位から、母親の血液量は徐々に増えていき、ピーク時は通常時の1.5倍にもなります。血液中の中にあるヘモグロビンを作り出す役割を担う鉄分。ヘモグロビンは肺で酸素と結合して全身に酸素を送る働きをになっているので、鉄分が不足すると、全身にいきわたる酸素が不足してしまいます。

肌荒れの観点から見ると、肌に充分な酸素がいきわたらずに新陳代謝が鈍くなり、くすみやシミの原因にもなります。でも、一番怖いのは、赤ちゃんに 栄養がいきわたらずに発育に影響が出てしまうことですね。鉄分を多く含む食べ物を意識して摂ることも大事ですが、検診時に鉄分の検査が行われるので、医師の処方した鉄剤を服用することも出来ます。

◎カルシウムは1.5倍

妊娠時に必要なカルシウムの量は一日に900㎎。不足すると母親の骨からカルシウムが奪われてしまうこともあります。カルシウムは骨を作ったり精神的な安定をもたらすミネラルだということは有名ですが、不足すると肌荒れを引き起こす引き金にもなります。カルシウムは肌の細胞同士の密着力を高めるので、肌のキメを整え、紫外線などの刺激が肌の奥深くに侵入するのを防いでくれます。

カルシウムを多く含む牛乳なら、コップ1杯200mlで200mgのカルシウムが摂れますね。

はるこ先生
ミネラルや水分だけでなく、たんぱく質や糖質など、栄養バランスを心がけた食事を摂るように心がけて下さいね。でも、完璧にしようとして神経質になるとかえってストレスになるので、肌荒れもいつか治るものとして気にしすぎないことも大切です。

 こまめに水分補給をする

肌荒れを予防するためには、水分補給を小まめに行うことも大切です。水分が不足すると、血液がドロドロになってしまいます。血液がドロドロの状態では、栄養や酸素が肌細胞に届きにくくなります。血液がドロドロにならないように、毎日しっかりと水分補給を行いましょう。水分補給には、以下のような作用があると考えられています。

水分補給の嬉しい効果

  • 脱水症状の予防
  • 食べ物の消化を助ける効果
  • 便秘の改善や予防効果
  • 腸内環境を整える効果
  • 代謝を高めて老廃物を排出されやすくする効果
  • 肌の乾燥の予防や改善効果
はるこ先生
水分補給は、1日2~4Lを目安にしてください。一度に大量の水分を取り入れると胃腸に負担を掛けるので、小まめに摂取することが大切です。また、ジュースやスポーツドリンクなどの清涼飲料水はあまりおすすめできません。なるべく常温の水を取り入れるようにしましょう。

 リラックスを心がける

 ストレスが原因で肌荒れを引き起こしている可能性があります。妊娠中は、些細なことでもストレスを感じてしまいます。そのため、なるべくリラックスした状態で過ごせるように心掛けましょう。ストレスを感じた時には、無理のない程度に身体を動かしたり、湯船にゆっくり浸かることも大切です。夜しっかりと湯船に浸かることでリラックス効果が得られると言われていますし、運動不足を解消させる意味でも「ストレッチ」はおすすめです。

睡眠をとる

睡眠不足は、ホルモンバランスの乱れの原因になります。また、寝不足が続くとストレスを感じやすくなったり免疫機能が低下してしまうのです。毎日しっかりと睡眠をとることを意識してください。夜いつまでも携帯をいじったりテレビを見ていれば質の良い睡眠をとることが出来ません。入浴後に身体が冷えないうちに布団の中に入りましょう。布団の中に入ったら部屋の電気を暗くして、寝る準備を整えることが大切です。

妊娠中でも薬やサプリは使用して良いの?

妊娠中は薬やサプリメントの使用に気を遣う必要があります。妊娠中の肌荒れを改善する為に薬やサプリメントを使用してもいいのかを一緒に考えていきましょう。自分の判断で薬を使用するのはやめてください。薬とサプリメントの違いを合わせて紹介します。

市販薬はおすすめしない

薬には、さまざまな成分が含まれています。薬の中には胎児た母体に悪影響を及ぼす可能性があるものもあるので注意をしてください。素人の判断では、安全なものかどうかを判断することは難しいものです。安易に市販薬を使用するのは控えてください。既に市販薬を飲んでしまっている人は、医師に相談をしてみましょう。少量の市販薬を飲んでしまったからといって過剰に心配する必要はないと言われていますが、さまざまな危険性があるので「飲まないようにする」事が大切だという事を忘れないでください。市販薬やサプリメントを使用する場合には、一度産婦人科医に相談をしてからにしましょう。

薬とサプリメントの違い

薬とサプリメントの違いを知っていますか?薬は「医薬品」に定められているものですが、サプリメントは「食品」に分類されます。これだけ聞いてもよくわからないと感じる人もいるかと思います。薬とサプリメントの定義を見ていきましょう。

  • 薬の定義:病気を治したり症状を緩和させる目的や役割があるもの
  • サプリメントの定義:病気を予防する目的や役割があるもの
はるこ先生
妊娠中はサプリメントの使用も医師に確認をしてください。サプリメントを使用して栄養を過剰摂取することで、胎児や母体に悪影響を及ぼす可能性があるものもあります。

 ひどい肌荒れは皮膚科を受診

アッキー
肌荒れが酷い時には。薬を使用せずに我慢をしなければいけないんですか?
はるこ先生
そんなことはありません。酷い肌荒れに悩まされた時には「皮膚科」で診察を受けるようにしてください。

酷い肌荒れは、そのままにしておくと痕が残ったり症状が更に悪化してしまう可能性があります。そのため、我慢をせずに皮膚科で受診をしてなるべく早く改善することが大切です。皮膚科を受診する時には、自分が妊娠中である事を必ず伝えるようにしましょう。妊娠中でも使用できる薬を処方してもらうことが出来ます。

妊娠中に使いたいのは低刺激のスキンケア用品

妊娠中は肌がとても敏感になります。敏感になった肌は少しの刺激でも荒れてしまうので、無添加や低刺激のケア用品を選びたいですね。

妊娠中に敏感肌になる理由

敏感肌とは、外からの刺激でかゆみやほてり、痛みやかぶれなどを感じやすい肌の事です。妊娠中は妊婦さんの体のなかで大量のホルモンが分泌されるので、肌の状態も不安定になりがちです。そこでいつもと同じスキンケアをしていたり、スキンケアを怠ってしまうと、肌の状態は驚くほど急激に悪化してしまうのです。

無添加化粧品や低刺激の化粧品がおすすめ

 一番大切なことは、肌に負担をかけない環境を作ってあげること。天然成分100%の化粧品や、低刺激で肌のバリア機能を高める化粧品を選ぶのも、肌に負担をかけないポイントですね。

 低刺激のスキンケアアイテム3選

妊娠中は敏感肌になり、刺激が強いスキンケアアイテムが使用出来なくなることもあります。妊娠を機に、今まで使っていたスキンケアアイテムが肌に合わなくなったという人はおすすめの商品を参考にしてみてください。刺激の弱いスキンケアアイテムを3つ紹介します。それぞれの商品の特徴を把握して、肌に負担をかけないようにスキンケアを行いましょう。

みんなの肌潤ろーしょん

みんなの肌潤ろーしょんは、水分不足による肌のカサカサやゴワゴワを改善する目的で開発された化粧水です。着色料や合成香料が配合されていないので、安心して使用することが出来ます。肌を守る作用のあるセラミドが不足すると、少ない刺激にも肌が過剰に反応します。しかし、この商品は不足したセラミドを補給するケアが出来るので、乾燥が原因で肌が敏感になっている人におすすめです。万が一肌に合わなくても、全額返金保証制度があるので一度試してみてください。

価格容量注目の成分
2,980円(税抜)80ml(約1ヶ月分)・リピジュア:ヒアルロン酸の2倍の保湿力がある成分
・シュガースクワラン:乾燥を予防して肌に潤いを与える効果
・お砂糖の成分:高い浸透性と吸水保湿性を持った成分
・こんにゃくセラミド:肌を守る効果

口コミ

  •  
  • アトピーの人にも安心して使えそうです。
    5/5
    刺激のない安全な化粧品だなと思いました。匂いも全くないのが良かったです。

    公式サイト

はるこ先生
匂いがない化粧水なので、悪阻中の人でも使用することが出来ます。刺激のない安全性のある化粧水を探している人は必見です!

みんなの肌潤ろーしょん

 HANAオーガニック

HANAオーガニックは、100%天然のオーガニック化粧品です。人間の身体は、常に正常な状態を保とうとする自然治癒力というものがあります。この機能が低下することで老化現象などが起こるのです。この商品は、花精油やオーガニックハーブの効果で自律神経の乱れや酸化による肌へのダメージをケアします。環境による肌へのダメージをケアしながら自分が持っている力を最大限に引き出すサポートを行ってくれるのです。クレンジングや洗顔、化粧水など幅広い化粧品が販売されています。

価格容量注目の成分
化粧水:3,334円(税抜)
美容液:3,334円(税抜)
洗顔料:5,500円(税抜)
化粧水:80ml
美容液:30ml
洗顔料:150g
(それぞれ約1ヶ月分)
・花精油:自律神経にアプローチをする
・バイオエコリア:肌の疲れを癒す効果
・ローズマリー:肌の疲れを癒す効果
・ローズポリフェノール:シミやくすみの改善効果

口コミ

  •  
  • 肌質が変化した!
    5/5
    香りがとても良く癒されます 肌が変わりました 触り心地が変わりました 凄い!

    @cosme

はるこ先生
100%オーガニックなので、化粧水による肌への悪影響の心配が少ない商品です。その他にも、クレンジングや乳液などもラインナップされているのでチェックしてみましょう。出産後も長期的に使用できます。

HANAオーガニック

ラ・ミューテ

ラ・ミューテは、女性ホルモンのバランスにアプローチをすることで大人ニキビの根本的な原因をケアする商品です。また、ナノ保湿成分で肌にしっかりと潤いを与えることが出来ます。妊娠中は肌のバリア機能が低下しやすいです。低下したバリア機能をサポートするセラミドやスクワランが配合されているので、敏感肌のケアを同時に行うことができるのも嬉しいポイントです。毛穴の詰まりを改善させて、しっかり肌のケアを行いたいと考えている人におすすめです。

価格容量注目の成分
3点セット:17,100円(税抜)洗顔料:120g
化粧水:130ml
美容液:30g
・セラミド:肌を守る効果
・スクワラン:乾燥を予防して肌に潤いを与える効果
・タルク:毛穴の汚れをしっかり取り除く効果
・ナノヒアルロン酸:肌に潤いを与える効果
・ナノコラーゲン:肌に弾力やハリを与える効果

口コミ

  •  
  • つっぱることなく
    5/5
    とっても大好きな洗顔です!! 個人的には今まででNo.1です。 泡立ちは少し軽めの泡でふわふわと気持ち良く洗えて、しっかり油が落ちます。 なのにお肌がつっぱらない所か、水分量が十分あり化粧水いらない位です! こんなに潤う洗顔は初めてなので、とても気に入ってます! ほんのり天然のバラの香りがするのも、癒されます。

    @cosme

はるこ先生
ローズの香りで癒されながらスキンケアが出来る商品です。肌にダメージを与えずにしっかりと汚れを除去したうえでスキンケアを行いたいと考えている人必見です。洗顔料は泡立ちの良さを実感している人が多いです。

ラ・ミューテ

気にしすぎるのも良くない!肌荒れは気長にケア

肌荒れは1~2日ケアをしたからといってすぐに改善されるものではありません。また、原因を取り除かなければ再び肌荒れを引き起こす可能性も考えられます。妊娠中の気になる肌荒れは、気長にケアをしていくことを忘れないようにしましょう。ケアをしないままでは、痕が残ったり悪化する可能性が考えられます。また、肌荒れを必要以上に気にすればストレスを感じます。神経質にならないように、毎日のケアをしっかり行いましょう。

PICK UP

ピックアップ

Post thumbnail 100300

大人ニキビに効く化粧水ランキング2018|市販や人気の24品辛口テスト

2018.09.16 | スキンケア

Post thumbnail 163948

大人ニキビに効く「神」洗顔料ランキング!しっかり治せる18選

2018.12.06 |

Post thumbnail 101422

おすすめの実力派アイクリーム30選|透明感のあるハリツヤ目元に!

2018.11.26 | スキンケア

Post thumbnail 167086

シミをケアする美白化粧水8選!紫外線ダメージやニキビ跡にも◎

2018.11.27 | スキンケア

Post thumbnail 115956

シミに効く化粧品おすすめ20選!話題の美白ケアでクリアな肌へ

2018.09.20 | スキンケア

Post thumbnail 106367

シミに効く美容液ランキング9選!口コミ評判のおすすめからプチプラまで

2018.11.08 | スキンケア

Post thumbnail 69118

シミを消す化粧品6選|美白効果が出せるシミの種類も要チェック!

2018.11.27 | 肌悩みで選ぶ

Post thumbnail 144079

【厳選】おすすめ化粧水76選!肌別・目的別ベストアイテムを紹介

2018.12.06 |

Post thumbnail 119533

【2018年最新】洗顔料おすすめランキングTOP10!人気の洗顔でツルスベ肌に

2018.09.21 | スキンケア

Post thumbnail 151533

美白クリームおすすめ20選!今年の夏までに欲しい人気アイテムを大公開

2018.10.25 | スキンケア

Post thumbnail 132369

美白サプリメントおすすめ10選!今年の夏買うべきトレンドランキング

2018.12.06 |

Post thumbnail 127867

美白美容液おすすめ9選!2018年新登場のシミに効く人気3つを審査

2018.10.31 | スキンケア

Post thumbnail 92809

ブツブツ毛穴は正しい洗顔で解決!毛穴ケアにおすすめランキング3

2018.12.18 | スキンケア

Post thumbnail 60800

毛穴ケアランキング60選!女子1000人が選んだ黒ずみに効く化粧品

2018.11.30 | 肌悩みで選ぶ

feature

特集記事