子供の肌荒れ対策&おすすめ保湿剤5選!乾燥の原因と肌荒れの治し方

子供のかゆい乾燥肌を治してあげたい

赤ちゃんや小さな子供の肌は、本来はもちもちしてなめらかでなんとも気持ちが良いものですが、何らかのトラブルが起きて乾燥してしまうと、かさかさになったりひび割れやアカギレを起こすことがよくあります。乾燥するとかゆみが出てくるので無意識に掻いてしまい、炎症を起こしてひどい肌荒れになってしまうことも。見ているほうも辛いので、何とかしてあげたいけれど、どうすれば良いのかわからない……。そんな方のために、子供の乾燥肌の原因や対処法、オススメの保湿剤等を私から紹介させていただきます!


はるこ先生
赤ちゃんや子供の肌が乾燥肌で荒れているのを見るのはツライですよね……
掻かないように手袋をはめてる姿を見ると、本当に早く良くなるといいなって思います>_<

子供の肌荒れの症状と原因

健康的な子供の肌は、触ると気持ちが良いくらいツルツルで大人としては羨ましい限りですが、肌トラブルが起きればそんなキレイな肌もガサガサに荒れてしまいます。子供の肌は、大人に比べると実はとてもデリケート。肌を守る機能がまだ未発達で皮膚自体も薄く、ちょっとした刺激にも影響を受けやすくなっています。肌が乾燥してくると肌を守るバリア機能が低下するので、雑菌等により肌に炎症を起こしやすくなり、肌荒れの原因になります。まずは、子供に起こりやすい肌荒れの症状や原因について見ていきましょう。

ザラザラ(鮫肌)

子供の肌が乾燥してくると、皮膚を守るバリア機能が低下して細かいブツブツができ、触るとザラザラする鮫肌のようになることがあります。肌が乾燥すると皮膚の新陳代謝がうまく働かなくなるので、古い角質が肌に残ったり、毛穴がつまったりポツポツと湿疹ができたりして、肌がサメのようにガサガサになるのです。放っておくと皮膚の病気につながる可能性もあるので、気づいたら早めの対処が必要です。また、アトピー性皮膚炎の初期症状で、鮫肌になることもあるようです。

乾燥性湿疹

生後3ヶ月くらいまでは母体からの影響で皮脂が多く分泌されるのですが、それを過ぎると皮脂の分泌はだんだん減ってきます。皮脂の分泌量が少なくなると、肌が乾燥してかゆみが出やすくなります。皮脂分泌が少ない、幼児、子供の時期に起きやすいのが、乾燥性湿疹です。ひび割れて粉をふいたようになったり、掻いて炎症を起こすと湿疹ができたりします。お腹や背中、外気に触れる手足や頬にできやすい湿疹です。

肌荒れ、手荒れ

肌を清潔に保つために、毎日石鹸やボディソープで身体をゴシゴシ洗う人が多いかと思いますが、これも肌の乾燥を招く原因の一つです。石鹸類は肌の乾燥を守ってくれている皮脂を取ってしまうため、とくに乾燥した時期は洗いすぎに要注意です。また、幼稚園、学校等では、感染症予防のために手洗いやうがいを積極的に行うことがありますが、手の消毒も手荒れを起こす原因となります。できれば、しっかり洗った後は保湿もして、肌荒れを予防したいものです。また、食べ物や衣類が影響して肌荒れを起こしている場合もありますので、肌の乾燥を起こしやすい食べ物(脂物、お菓子類等)を食べ過ぎない、肌に刺激のある衣類(化繊等)は避けるようにすることも大切です。

アッキー
小さな子供は身体の約80%が水分だと聞いたことがあります。だからモチモチ肌なのかと思いましたが、意外にも乾燥には弱いんですね……。大人が気をつけてあげることで、防ぐことができる肌荒れもありそうです。

乾燥肌対策:皮膚科で治療

子供の肌がカサカサしてきたら、早めに対処してあげて肌荒れが悪化しないようにしてあげたいものです。乾燥肌くらいで皮膚科に行くのはどうかと思うかもしれませんが、その肌荒れが乾燥肌ではなくてアトピー性皮膚炎等の皮膚疾患の可能性もあるので、念のため専門医である皮膚科の診断を受けておくと良いでしょう。また、症状によって一人一人に合った治療をしてくれるので、自己判断するよりはやはり安心ではないでしょうか。ここでは、皮膚科で乾燥肌の治療を受ける場合の治療法や、使用する薬剤について見ていきます。

乾燥肌の治療方法

乾燥肌の治療の基本は「保湿」です。乾燥によってうまく働かなくなった肌のバリア機能を改善するために、保湿剤が処方されます。皮膚を保護して乾燥を防ぐ白色ワセリンや、血行を良くして肌の水分保持力を高めたり、炎症を鎮める作用があるヒルドイド軟膏がよく使用されています。赤みやかゆみといった炎症が強い場合には、リンデロンのようなステロイド剤が処方されたり、かゆみ止めとして、抗ヒスタミン薬を使用する場合もあります。

保湿剤は肌が乾燥しないようにこまめに塗ります。入浴後は肌がとても乾燥しやすいので、身体を拭いてから5分以内には保湿剤を塗るようにしましょう。薄く塗ると効果が弱くなることもあるので、皮膚科での指示通りにしっかりと塗るようにしてください。また、塗るときに肌を強くこすると刺激でかゆみがでることもあるので、こすらず優しく塗ることも大切です。幼稚園や学校に通っている場合は昼間は塗れないので、朝と寝る前の1日2回はしっかりと塗るようにしましょう。

市販薬と処方薬の違い

病院で処方される薬は作用が強すぎるのではないか、と心配になる方もいるかもしれません。しかし、治療が必要なほどの症状が実際に肌に起こっているのなら、きちんと処方薬を使って治療をしたほうが良いでしょう。その辺の判断が私たちでは難しいため、皮膚科医にきちんと診断をしてもらう必要があります。市販薬でもある程度の保湿は可能で、軽症ならば症状も改善されるでしょう。市販薬は軽度の乾燥肌をこれ以上悪化させないための予防処方薬はかゆみや痛み、赤み等の強い症状の乾燥肌を改善させるための治療、と考えればよいかと思います。その他、市販薬と処方薬の違いは以下の通りです。

メリットデメリット
市販薬薬局等で簡単に手に入る、軽症ならケアできる添加物が入っている可能性あり、種類が多く選びづらい
処方薬健康保険が適用される、炎症を抑える病院での診察や処方が必要

はるこ先生
かゆみや赤みなど、お肌の症状が強く出ているときは処方薬を主に使って、症状が軽くなってきたら市販薬も併用して肌の保湿をしていくと良いですよ!コツコツと毎日ケアをすることが大切なんです。

乾燥肌対策:スキンケア

乾燥肌がひどくなる前に、日頃からスキンケアをきちんとやっておくことが大事です!肌の乾燥を防ぐには、どのようなケアをしてあげれば良いのでしょうか。

保湿を心がける

肌を健康に保つためには、なんといっても保湿が1番大切です。近年では1年中空調が入っているところもあるため、季節を問わず、年間を通して乾燥対策が必要になってきました。夏は湿気が多いから大丈夫だと思いがちですが、冷房等で意外と肌が乾燥するのできちんとケアをしてあげてください。

保湿にはクリームやオイル、ローションを塗ったり、保湿成分が入った入浴剤を使ったりしますが、季節やお子さんの肌の状態によって使い分けをすると良いでしょう。入浴後や夏場は、さらっとしたローションタイプのほうが肌になじみやすいです。乾燥する季節には、水分の蒸発を防ぐクリームタイプの保湿剤がオススメです。肌が乾燥しやすい入浴後は、水分を拭き取ったらできるだけ早く保湿剤を塗るようにしてください。肌の乾燥がひどい場合には、できれば4時間おきぐらいにこまめに保湿剤を塗ってあげると良いでしょう。

保湿剤の塗り方

大人がお子さんに保湿剤を塗ってあげるときには、こちらの手順を参考にしてみてください。できるだけ効果の上がる方法で、お子さんの乾燥肌を早く改善してあげたいですね。

  1. まずは塗る人の手をきれいに洗ってください。肌に炎症の素となる雑菌がつかないようにしてあげましょう。
  2. お風呂で皮膚を清潔にして、入浴後に肌の水分を拭き取ったら、できるだけ早く保湿剤を塗ります。
  3. 保湿剤はたっぷり肌に乗せて塗ってください。薄く塗ったりすり込ませたりすると、細かい部分に保湿剤が行き届かなかったり、肌に余計な刺激を与えてしまいます。
  4. ひざやひじ等、シワのある部分はシワを伸ばして塗ります。耳の裏側や髪の生え際なども忘れずに塗ってください。
はるこ先生
皮膚科の先生から保湿剤の塗り方の指示が出ているのなら、それに従ってくださいね♪もう大丈夫かな、と自己判断して止めてしまうと、またぶり返してしまうことも……

かゆみ対策

大人でもそうですが、子供ならなおさら、かゆみがあると我慢できずに掻いてしまいます。肌に傷ができるとそこから菌に感染して炎症を起こすので、なるべく肌が傷つかないようにいつも爪を短く切っておいてください。身体が温まるとかゆみが出やすくなるので、部分的なら保冷剤等で冷やしてあげたり、衣類や布団を薄めにしてあげると良いでしょう。また、ひどく掻いてしまう部分には、ガーゼを貼ってあげても良いです。

肌が乾燥しているといろいろな刺激にも敏感になってしまうので、かゆみを誘発しそうな原因をなるべく取ってあげる必要があります。石鹸類も低刺激のものを使ったり、肌に直接触れる衣類は綿や絹などの天然素材のものにしたりして、肌への刺激を少しでも抑えるようにしてあげてください。

乾燥肌対策:入浴方法

肌を乾燥させる大きな原因が、実は「入浴」なのを知っていますか?皮膚には皮脂というものがあって乾燥等から肌を守ってくれているのですが、子供は皮脂の分泌が少ないうえに入浴で皮脂が洗い流されてしまうので、入浴後はとっても肌が乾燥しやすくなっています。ここで、入浴で注意すべきことを挙げていきましょう。

熱いお湯に長湯はNG

熱いお湯は肌への刺激が強いので、シャワーや湯船の湯は38℃前後にしておきましょう。お風呂のお湯が42℃以上だと肌の保湿成分であるセラミドの機能が弱まって、肌が乾燥しやすくなるそうです。また、長湯をすると血行が良くなるのは良いのですが逆にかゆみを誘発してしまいますし、20分以上お湯に浸かっていると、肌を守ってくれている皮脂等が流れやすくなるそうです。

入浴剤を使う

入浴は、身体全体を保湿するのに良い方法でもあります。保湿成分が含まれている入浴剤を使うことで、身体のすみずみまで保湿をすることができ、入浴後の水分の蒸発を防いでくれるからです。低刺激で添加物が入っていない保湿入浴剤が良いでしょう。お湯に何も入れないよりも、保湿入浴剤を入れたほうがお湯もやわらかくなり、入り心地も良くなります。なかには、肌荒れの原因となるといわれている水道水の塩素を除去する成分が配合されているものもありますよ!

身体の洗い方

身体を洗うときは、ゴシゴシ擦らないのがポイントです。ナイロン製のタオルのような、肌への刺激が強いものは絶対に避けましょう。できるだけ肌を擦らずに、低刺激の石鹸やボディソープをよく泡立てて、その泡で撫でるように優しく洗うと良いです。石鹸類に刺激を感じるときは、石鹸を使わずに湯船に10分程度浸かるだけでも、ある程度は汚れが落ちるそうです。


アッキー
よーく身体を洗ったほうが清潔になって肌荒れも早く治るんじゃないかと思いがちですが、実は逆効果。そんなにゴシゴシ洗わなくても、肌には自浄作用があるので、ある程度の汚れはお湯だけで簡単に落ちるみたいですよ。

子供の乾燥肌におすすめの保湿剤5選

保湿剤といっても、種類が本当にたくさんあってどれを選んだら良いか悩みますよね。できるだけ安全で効果の高いものを使ってあげたいものです。ここでは、オススメの保湿剤を5つご紹介しますので、ぜひ選ぶ際の参考にしてみてください!

アロベビー オーガニック高保湿クリーム

無添加で天然由来成分が99%以上使用されている純国産のベビークリームです。ハマナエキス、セイヨウニワトコエキス等が肌のバリア機能を高め、炎症を鎮めてくれます。国産かつオーガニックのベビークリームなので、安心して使用できますね。おむつかぶれはもちろん、全身にも使えます。

  • 容量・価格:75g入りで2,268円(税込)
  • 販売元:株式会社YCP Product

アロベビー

  •  
  • 5/5
    最近乾燥がひどくなり、4ヶ月の息子の顔がカサカサしてきて、オイル系の保湿剤だと肌に合わず、皮膚科で処方されたホワイトワセリンも合わなくて、顔のカサカサの症状の改善が見られなかったので、ネットで無添加のクリームがないか調べてたら、アロベビーを知りました。 初めて使って、ビックリ。しっかりしたクリームだなと思って、手に塗り込んだら、水に浸けたかのような潤い感。ベタベタ感なく、モチモチ感が出て良いです。使用して3日目ですが、息子の肌にも合うようで、今のところ湿疹などの症状はみられません。カサカサしてたけど、赤ちゃん特有のモチモチ感が復活して、ずっと頬ずりチュッチュッしてたいくらいです(笑)買ってよかったです。

    楽天市場みんなのレビュー

乾燥や肌荒れが改善された、という口コミが多く、比較的短期間で効果が感じられるようです。国産、オーガニックで安心して使えるのも良いですね!

ママ&キッズ ベビーミルキーローション

育児雑誌の口コミでNO.1の人気の商品です。香料、着色料、アルコール、パラベン、鉱物油、石油系界面活性剤は無添加で、水分と油分をバランス良く配合し、赤ちゃんにとって理想の環境である胎内に近い成分に着目してつくられています。伸びが良く、つけやすいので1年中使いやすいローションです。

  • 容量・価格:150ml入りで1,944円(税込)
  • 販売元:株式会社ナチュラルサイエンス

ママ&キッズ

  •  
  • 4.1/5
    30代 女性
    生後1ヶ月くらいから顔が赤く湿疹で出始めてカサカサしだしたので、妊娠中にサンプルで頂いたこちらを塗ってみました。 肌馴染みが良くとても潤ってもっちり肌に!今まで使っていたものは白く残ってしまいましたが、白く残ることなくサッと塗れるところも良いです! アトピー予防にも保湿が大切と聞いたので、こちらを購入して使っています!

    @cosme

少し濃厚でしっとりしすぎな感じもする、という口コミもありましたが、ぷるぷるのもっちり肌になれる!という意見も。乾燥が強い方は、同じ系列のミルキークリームと併用すると、さらにしっとりするそうです。

ベビーワセリン

ベビーワセリンの成分は不純物の少ない白色ワセリンで、無香料、無着色、防腐剤であるパラベンも入っていません。皮膚の表面を保護し、刺激や乾燥から肌を守ってくれます。多少は口に入っても大丈夫なので、唇の荒れにも使用できます。

  • 容量・価格:60g入り400円前後、100g入り1,000円前後
  • 販売元:健栄製薬株式会社

ベビーワセリン

  •  
  • 4.4/5
    30代 女性
    チューブタイプなので出しやすく、伸びも良いです。子供の頬や唇が乾燥している時に塗ってあげています。多少舐めてしまっても安心なので、主に顔に使用しています。

    @cosme

子供だけでなく、大人でも肌荒れ防止に使っている方が案外いるようです。肌が敏感な赤ちゃんにも使えるのですから、大人も安心して使えますよね。 

みんなの肌潤糖

モンドセレクションの金賞を4年連続受賞し、売上実績も日本一という、砂糖を原料にした保湿化粧品です。てん菜糖と植物オイルだけでつくられていて、砂糖の浸透力と吸水、保湿力が角質層を潤わせ、バリア機能を強くします。

  • 価格:お試し定期コース1個あたり2,916円(税込)25日間の全額返金保証付き
  • 販売元:株式会社北の達人コーポレーション

みんなの肌潤糖

  •  
  • 4.7/5
    30代 女性
    子供がアトピーなので使用しています。 トライアル使用後、現品購入して使っていたのですが、そのとき定期的に通っている病院で肌の状態について凄く褒められたので定期購入する事に。 全身が常にしっとりとして潤っているのが分かります。 掻き傷や皮膚が毛羽立ったようなかさ付きも目立たなくなりました。 今まで保湿にあれこれ試していましたが、やっと納得できるものに出会ったという感じです。

    @cosme

肌がすごくしっとりするようになった、という口コミが多いのですが、肌の状態によっては全く合わなかったという方もいるようです。赤ちゃんの沐浴のときに塗ってあげても良いそうですよ! 

ニベアクリーム

昔から愛され続けているスキンケアクリームで、スクワラン、ホホバオイルが配合されています。顔にも身体にも、家族みんなで使える定番の保湿クリームです。

  • 容量・価格:チューブ入りが50g、小缶が56gで200円前後、大缶が169gで500円前後
  • 販売元:花王株式会社

ニベア

  •  
  • 4.2/5
    40代 女性
    子供が乾燥がひどいので購入。 顔から体全体まで使えて嬉しいです。 使った後、フタをしめる時にベタベタになってしまうのが難点。 コスパがいいので使い続けます。

    @cosme

根強いファンが多いニベアクリーム。保湿力の高さとコスパの良さには定評があります。好きな方は本当に何度もリピートしているようです。ただ、ややべたつくのが難点のようです。


乾燥しやすい子供の肌には保湿が大切

子供の肌はまだ大人ほど強くはないので、思った以上に乾燥しやすくなっています。肌は空気の乾燥や入浴など、環境による影響も受けますが、食べ物の影響も少なくありません。子供は野菜が不足しがちなので、積極的に肌の健康を保つビタミン類を含んだ緑黄色野菜を摂るようにしましょう。お菓子の食べ過ぎ、好き嫌いが多く偏っているお子さんは要注意です!肌の乾燥を放っておくと、アトピー性皮膚炎等にもつながりやすくなるので、カサカサしてきた、かゆがっている、といった症状があるのなら、ひどくなる前にしっかり肌の保湿をするようにしましょう。肌の強さは遺伝もあるようです。乾燥しやすいお子さんは、1年を通して保湿を心がけてあげましょう。