シミを消すならどれがいい?おすすめ化粧品から市販薬まで9選

シミを消すものには何があるの?

年齢を重ねるに連れて気になってくるシミ。シミを消したい!と思ってもシミケア化粧品やサプリメントってどんなものがあるのか知らない。という人も多いでしょう。

一度出来てしまったシミを消すためには根気が必要になります。

本当にシミを消すことが出来る薬が一体何なのかをしっかりと理解してケアして行きましょう。

undefined
はるこさん
こんにちは!本当にシミは心を悩ませる存在!と私も身をもって知っています><でも、きちんとケアを続けることでシミを目立たなくすることだってできますよ!シミを消す効果のある薬についてしっかり勉強していきましょう。
  • 調査したシミケア化粧品⇒48種類
  • 調べた口コミ数⇒200件以上
  • この記事で紹介するシミケア⇒9種類

シミがあることに気が付いたら、早めにケアを始めることが大切です。

この記事では、シミケアに効果的なものを調査。そして効果的なものの中からオススメ商品をピックアップしてご紹介します。なかなか聞けない市販薬と処方薬の違いも伝授します。

これを見ればあなたのシミをさっぱりと消す薬が見つかるかもしれません!シミに悩む人必見です!

シミケアに効果的なもの

漠然とシミを消したいと思っていても、何を使えばいいのか分からないと何も始まりません。シミをケアしたいなら、どんなアイテムがシミに効果的なのか知っておくことが大切です。

シミを消すのに良いと言われるものを4種ご紹介していくので、見ていってくださいね。

美白化粧品

白い肌を目指すなら、美白化粧品を使うのが有効です。美白化粧品とは、ズバリ「美白成分の配合された化粧品」のことです。美白成分には誰もが知っているものからあまり知られていないものまでさまざまな種類があります。

ビタミンC誘導体→ルシノール→トラネキサム酸→アルブチン→ハイドロキノン

上記の順に美白効果が高いと言われています。

これらの成分の入った「薬用(医薬部外品)」と書かれたアイテムはメラニンの生成によるシミ・そばかすを防ぐという美白効果があるものですが、上記の成分のうちハイドロキノンだけは医薬部外品指定成分ではありません。

〇ハイドロキノンについて

ずば抜けて肌を白くする効果が高いということからもともと治療レベルのシミのための医療用成分だったハイドロキノンですが、一定量なら化粧品にも配合が認められました。

効果として「美白」は示せないのですが「今あるシミにも効果的」なのが特徴です。できてしまったシミをケアしたいなら使ってみるのもいいでしょう。

シミ対策の美白化粧品を探してみたい人はこちらからシミケアにおすすめな化粧品3選へジャンプしてくださいね♪

シミ対策サプリ

サプリで内側からシミ対策をするというのも1つの手です。残念ながらシミを消す!といったサプリはありませんが、シミケアの補助役として摂っておきたいものはあります。

<注目したい成分>

〇ビタミンC

抗酸化作用あり。紫外線によるメラニンの生成を抑える。

柑橘類に多く含まれる「サビにくくする」成分。多くの美容サプリや紫外線対策サプリに配合されている。

〇リコピン

トマトに多く含まれる成分。抗酸化作用で知られる。

〇ポリフェノール

ザクロやベリーに多く含まれる成分。抗酸化作用で知られる。

体の内側からこのような成分をせっせと補給することで、シミを寄せつけない透明肌に近づけるかもしれませんね。

シミ対策のサプリを探してみたい人はこちらからシミケアに摂りたいサプリメント3選へジャンプできますよ♪

薬局の市販薬・医薬品

薬局で手軽に買える市販薬もシミケアの手助けとなります。美白化粧品などの外側からのケアではなかなかシミを消すことは難しいので、薬局で手に入る飲み薬で内側からもシミに効く有効成分を摂取することもできます。

<シミに効く有効成分>

〇システイン

できてしまったメラニン色素を無色にし、肌のターンオーバーの乱れをケアすることでシミを外に出す。

〇ビタミンC

シミの元となるメラニン色素を薄くする効果あり。メラニンの色素沈着を抑える働きも。

〇ビタミンE

肌のコンディションをケアし、ターンオーバーの乱れをケア。

これらの成分が市販薬や医薬品の中に配合されているものを選ぶと、期待していた効果が表れやすくなるでしょう。

シミ対策の医薬品を探してみたい人はこちらからシミケアに有効な市販の医薬品3選へジャンプしてくださいね♪

皮膚科の処方薬

皮膚科を受診される場合は、処方薬をもらうことになるでしょう。皮膚科での処方薬にはどんなものがあるのか代表的なものをご紹介します。

塗り薬

皮膚科でシミを治療する場合には塗り薬を処方される場合が多いです。医療用の薬を通販で購入することも可能になっています。

しかし医療用のものを自己判断で使用することは大変危険です。副作用が出たり、シミ以上に酷い肌荒れになる場合もあります。医療用のシミを消す薬を使用する際には必ず医師の指導の元で使用するようにしましょう

〇ルミキシル

比較的新しい美白剤で現在知られている中では最強の効果があるとされています。

メラニンの生成を抑えて均一に整える効果があります。美白効果はハイドロキノンの約17倍と言われていますが透明感を出すという点においてのことで漂白効果はないようです。

天然由来のアミノ酸から作られていて敏感肌の方でも使用出来るため副作用もほぼありません。透明感を重視して安心して使える薬ですが、出来てしまったシミへの効果は他の薬に比べると薄いです。

〇ハイドロキノン

肌の漂白剤とも言われている塗り薬で、出来てしまったシミに対して漂白効果を発揮します。写真現像に使われている薬剤でとても効果が強いです。副作用の心配もあり、かぶれや赤み、ひりつきやアレルギー症状を引き起こす場合もあります

また塗った部分だけ白く抜けてしまう白斑という症状も現れる場合もあるので注意しましょう。熱や光に弱いため保管は冷蔵庫などの冷たい所に置いとくよう注意しましょう。

〇トレイチノン

トレイチノンはビタミンA誘導体で、皮膚のターンオーバーの乱れをケアする効果があります。出来てしまったシミを外に排出させることによってシミを薄くする働きがあります。副作用は赤みやひりつき、乾燥が酷くなる場合もあります。

また使用中は皮膚が薄くなっているため肌に対する刺激には十分に注意しなくてはならないため、紫外線対策をしっかりと行う必要があります。

飲み薬

飲み薬は市販で販売されているものとほとんど変わりません。皮膚科での処方される薬になると名称が変わります。

  • ビタミンC →シナール
  • トラネキサム酸→トランサミン
  • ビタミンE→ユベラ、ベクタン 
  • L−システイン→ハイチオール

このように名称は変わりますが、使われている成分はほとんど変わりません。値段もさほど変わらないこともあります。

どんな美白化粧品を使っても満足できない人は、皮膚科で相談してみるのもいいでしょう。

シミケアにおすすめな化粧品3選


シミを消すためにまずオススメしたいのが美白化粧品。ダイレクトに塗るので効果が感じやすく、自宅で好きな時間にケアできるのが魅力です。

今回は、たくさん販売されている美白化粧品の中でもチェックしておきたい化粧品を5種類ご紹介していきます!

ホワイトショットCXS&ホワイトショットSXS

\オリジナル美白成分配合でさらに進化/

Source: 公式サイト

ホワイトショットCXS&ホワイトショットSXS

  • 編集部評価:★★★★★ 総合96点
  • 価格:CXS 15,120円(税込)|SXS 12,960円(税込)
  • 内容量:CXS 25mL|SXS 20g
  • メーカー:POLA(ポーラ)

1998年に発売された業界初のルシノールが配合された薬用化粧品が20年後の2018年にリニューアルして登場しました!CXSが顔全体に塗る液状タイプ、SXSは気になる部分に塗るクリームタイプの美白美容液です。

みずみずしい使い心地で豊富に配合されたポーラオリジナル成分がパッと明るい肌へと導いてくれます。どちらも医薬部外品・無香料・無着色・*アレルギーテスト済みなので、どんな肌質の人にも使える使いやすい美容液です。

*すべての方にアレルギーが起きないというわけではありません。

商品を購入する

悪い口コミから見るデメリット

  •  
  • 30歳を過ぎてから本格的な美白ケアをしていかなければと思っていたところです。CXSはさらりとした質感で使い心地はとっても軽やかな感じ。予算も大人価格なので、そう簡単には手が出ないかも。
  •  
  • SXSは硬めのクリームのような感じです。いい成分が配合されているのはわかっているのですが、お値段がちょっとお高めだから手を出すのには勇気がいります。

商品自体はいいのだけど、お値段が高いという声がチラホラと見られました。

確かにどちらも贅沢な価格かもしれませんが、1度購入してしまえば長持ちすることも忘れてはなりません。特にSXSはスポット美容液なので、塗る量はごくわずか。かなり長持ちしますよ。

良い口コミから見るメリット

  •  
  • もう何本使用したか分からない程溺愛しております(^^)化粧水の後すぐに付けてしばらくしてから鏡を見ると…キメが整ったようなお肌をすぐに実感することが出来るので毎回ふと鏡を見た時に驚きます。


  •  
  • SXSは目安量が小さな真珠1粒分なのですが、ちゃんと綺麗に小さな真珠の粒を再現しているように出てくるのが素敵です。まだ使用して数日なので効果はわかりませんが、1本使ってみてシミが薄くなることを願います。

付けてすぐに変化を実感できるというのは、確かにリピートしたくなりますね!美白ケアをしながら美肌ケアができるのはさすがPOLA!

また、SXSは出てきたときの真珠のような液がキレイ!という声がありました。SXSは少量で済むのでコスパがバッチリというところもうれしいポイントですね。

商品を購入する

ホワイトショットCXS&ホワイトショットSXSの成分と特徴

ホワイトショットCXS&ホワイトショットSXSのメインとなる成分はこちら

  • ルシノールとビタミンC誘導体などを複合した「ルシノールEX®」
  • 新開発のポーラオリジナル保湿成分「m-Aクリアエキス」

どちらもポーラオリジナルの成分です。CXSとSXSはそれぞれに合った「ショットデリバリー処方」でこれらの有効成分を肌のすみずみまでしっかりと届けます。

通常のメラニンとは違う「過脂化メラニン」にアプローチする美容液がSXSだそう。SXSならではの効果が感じられそうですね。

ホワイトショットCXS&ホワイトショットSXSを安く買う方法

ホワイトショットはAmazonや楽天でも売られていますが、ポーラの他商品のサンプルがもらえるのは、公式サイトのみでした。高級ラインB.Aシリーズのサンプルもありますよ♪

こちらの商品ですと、送料無料になるので公式サイトからの購入がオススメです。

楽天・Amazonと公式サイトの価格比較(2018年3月現在)

※楽天・Amazonは公式ではないので、偽物や保証が受けられない場合があります

公式サイトamazon楽天
CXS 15,120円
SXS 12,960円
CXS 15,200円
SXS 12,960円
CXS 14,017円
SXS 12,700円

商品を購入する

ビーグレン QuSomeホワイトクリーム1.9

\低刺激なハイドロキノンで白肌へ/

ビーグレン QuSomeホワイトクリーム1.9

  • 編集部評価:★★★★★ 総合93点
  • 価格:6,480円
  • 内容量:15g
  • メーカー:ビバリーグレンラボラトリーズ

ビーグレン独自のホワイトケアプログラムの最後のお手入れとして入っているのがこちらのクリーム。

今あるシミにも効果的と言われるハイドロキノン入りで、明るく透明感のある肌へと導いてくれます。独自の浸透テクノロジーのおかげで低刺激かつ長時間お肌のうるおいをキープしてくれます。

肌に合うかどうか不安な場合は、5ステップのホワイトケアトライアルセットがおすすめ。乾燥や刺激もなく使用感もいいようです。1,944円で洗顔からクリームまでをお得に試せるチャンスです。

商品を購入する

アスタリフトホワイト エッセンスインフィルト

\塗るたびに透明感が増していく/

アスタリフトホワイト エッセンスインフィルト

  • 編集部評価:★★★★★ 総合92点
  • 価格:7,560円
  • 内容量:30mL
  • メーカー:富士フィルム

メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐビタミンC誘導体の働きにより透明感のある肌へと導きます。また肌をみずみずしく整える独自成分ナノAMAも配合され、うるおいのある肌を作り出してくれます。

また、独自技術でナノ化した高浸透保湿成分アスタキサンチンが肌の透明感をアップさせてくれます。美白成分は乾燥しやすいため保湿力の高さもうれしいですね。

さらに美肌力アップにつながる米ぬかなどから摘出した植物由来成分オリザノールを独自のテクノロジーでナノ化したナノオリザノールも配合。

トライアルキットは化粧水・美容液・乳液ゲル・下地の全4点が試すことができます。下地以外は全て医薬部外品です。

商品を購入する

シミケアに摂りたいサプリメント3選

シミ対策にできることはまだまだあります。サプリで内側から栄養を補給することによって、シミを寄せつけない体づくりをするのも1つの方法です。普通の生活では足りない成分を補えるものを選びましょう。

メディパラソル

\地中海の恵みをギュッと凝縮/

Source: Amazon

メディパラソル

  • 編集部評価:★★★★★ 総合90点
  • 初回価格:990円
  • 1回あたりの値段:31.9円/31日分/31粒
  • 保証・特典:送料無料、2回目以降も30%OFF
  • メーカー:株式会社ビアンネ

地中海の恵みをふんだんに使った日差しのダメージに負けないインナーケア。太陽の日差しをたっぷり受ける地中海の食事に着目し、地中海産植物由来成分を惜しみなく配合しています。

体の動きを内側からアップすることで肌本来の機能をスムーズにしてくれるので、太陽の日差しに負けない体づくりにピッタリの商品です。

商品を購入する

悪い口コミから見るデメリット

  •  
  • サプリメントって飲みきれなかったり、途中で効果が得られずやめてしまうのですが、このサプリメントは最後まで飲みきれました★1ヵ月のお試しだったので実感はなく残念。もう少し、即効性が欲しいかなって感じです。
  •  
  • 飲み始めて10日ほどなので変化はありません。普通に生きていれば100%紫外線をカットする生活なんて無理だと思うので、これを飲んでいるからといって日焼け止めや日傘などの対策を怠って良い訳ではありません!

サプリは根本的に体を変えていくものなので、数ヵ月続けることで徐々に実感できるのが普通です。

なのですぐに効果を期待すると期待外れに終わってしまうこともあるようです。効果が感じられないとあきらめずに気長にじっくりと続けてみると実感できるかもしれません。

そしてサプリに頼り過ぎるのもよくありません。これを飲んでいるからと日焼け対策を一切しないと危険。日焼け止めや日傘などで紫外線対策を行ったうえで、サプリはそれをサポートするものくらいに考えてみると続けやすいと思います。

良い口コミから見るメリット

  •  
  • 飲み始めて数週間なのでまだ劇的な効果はわかりませんが、安心感からいつも使っていた紫外線カット用のロンググローブをつけずに過ごしています。でも、そんなに日焼けしていない気がします。
  •  
  • はじめて飲むタイプの日焼け止めを使いました♪カプセルで飲みやすく、手軽に紫外線対策が出来るのがうれしい。国内のGMP認定工場で製造されているし、日本人向けにブレンドされているので安心感がありますよね♪


さすがは地中海のパワー。地中海の女性がどうして美しいのか分かったような気がします。飲み始めて変化を感じているという喜びの声がありました。

実は地中海産の成分が入ったサプリは各国で人気だそう。サプリは口に入れるものなので安心して摂りたいものですが、メディパラソルは国内生産で日本人向けにブレンドされているということで、品質にも問題なさそうですね。

商品を購入する

メディパラソルの成分と特徴

メディパラソルのメインとなる成分はこちら

  • 太陽の日差しをたっぷり浴びた「地中海産植物由来成分」

具体的にはイタリア産ブラッドオレンジ・イスラエル産トマト・スペイン産ザクロ・フランス産オリーブが配合されているそう。カラフルな食材からは日差しのダメージにも負けない力強いパワーが感じられます。

ササット飲めるのでバタバタしている日は頼りたくなるサプリですね。

メディパラソルを安く買う方法

メディパラソルはドラッグストアなどでは買えないサプリです。公式サイトの初回モニターでは通常4,200円のところ初回が990円(送料無料)で購入できるのでかなりお得。毎月先着500名限定なので試すなら早めがいいですよ。

2回目以降は30%オフの2,940円、4回目以降はいつでも休止できます。

楽天・Amazonと公式サイトの価格比較(2018年3月現在)

※楽天・Amazonは公式ではないので、偽物や保証が受けられない場合があります

公式サイトamazon
楽天
初回990円3,000円3,402円

商品を購入する

ホワイトヴェール

\太陽に負けないインナーケア/

Source: 公式サイト

ホワイトヴェール

  • 編集部評価:★★★★☆ 総合86点
  • 価格:7,560円
  • 1回あたりの値段:252円/30日分/60粒
  • 保証・特典:送料無料、15日間全額返金保証
  • メーカー:株式会社ZERO PLUS

メインとなる成分は天然ポリフェノールのスペイン産シトラス(柑橘果物)やスペイン産ローズマリー(ハーブ)です。地中海の美女を紫外線ダメージから守っているのはこれらの成分なのかも!?と思わずにいられません。

さらにザクロ・トマト・メロンプラセンタ(種の周りから抽出)などの植物由来成分を配合し、体の内側からシミのメカニズムにアプローチ!

ローズポリフェノールやアーティチョークエキスなどの美容成分もギュッと詰まったサプリで自然の恵みや植物のパワーを体に取り込み、太陽に負けない体づくりをしましょう。

商品を購入する

資生堂 ピュアホワイト

\東洋の美容成分で澄んだ美しさを/

Source: 公式サイト

資生堂ピュアホワイト

  • 編集部評価:★★★★☆ 総合83点
  • 価格:4,320円
  • 1回あたりの値段:140円/30日分/240粒
  • 保証・特典:送料無料、資生堂長命草(ドリンク)2本、毎月うれしいプレゼント、3ヵ月ごとに1,125ポイント
  • メーカー:株式会社ZERO PLUS

こちらは枸杞の実エキスなど東洋の木の実やフルーツなどをメインの成分として配合したサプリです。ビタミンEを特許製法で摘出したアブラ椰子オイルなど内側からイキイキさせる成分がたっぷり。

フラボノイドたっぷりの菊花エキスやハトムギ・ライチ種子エキスなど植物由来の成分もギュッと詰まって美エナジーをしっかりチャージさせてくれます。

商品を購入する

シミケアに有効な市販の医薬品3選

ドラッグストアでもシミケア化粧品を見かけることがあります。医薬品で注目の成分は「L-システイン」です。L−システインはかつお節や大豆などに含まれ、代謝をサポートする働きがあります。

市販の医薬品にも実は「L-システイン」配合の見逃せない優秀アイテムがあるので、チェックしてみましょう。

【第3類医薬品】ハイチオールCプラス

\アミノ酸が代謝を助けてくれる/

Source: 公式サイト

ハイチオールCプラス

  • 編集部評価:★★★★★ 総合91点
  • 価格:60粒 1,620円|180粒 4,536円
  • 1回あたりの値段:151.2円/30日分/180粒
  • メーカー:エスエス製薬

シミを消す有効成分であるL−システイン240mg配合されています。他にもビタミンCであるアルコルビン酸と肌のターンオーバーの乱れをケアするパントテン酸カルシウムが配合されています。

メラニンの生成を「防ぐ」「消す」「出す」の3つの効果が期待できます。

商品を購入する

悪い口コミから見るデメリット

  •  
  • シミとそばかす気になるからハイチオールCプラス買ってみた。プラセボ効果もあるとは思うし、実感できる効果はよく分からなかったけど。
  •  
  • 数日前からハイチオールCプラスを飲んでるんだけど、疲れだるさに少し効いてる感じ。普段サプリ飲まないからよくわからないけど「全身倦怠を改善」って書いてある。

プラセボ効果とは薬を飲んだことからくる安心感のことを言います。効果がイマイチはっきりしないというデメリットを感じている人がいるようです。

ただ、「二日酔いに効く」「疲労回復」という口コミも多かったのでそれはビタミンCによる効果かもしれませんね。

だるさにはすぐに効くこともあるようですがシミへの効果に関しては即効性があるわけではないので、しばらく粘り強く続けてみる必要がありそうです。

良い口コミから見るメリット

  •  
  • ハイチオールCプラスすごい!1カ月でくすみが和らいで肌が復活してきた!若い頃日焼けしてばっかいたのでシミが気になって飲み始めたんだけど、これはすごいわ!シミとか気になる人は飲んでみるといいかも~。

日焼けでダメージを受けてしまった肌が復活してきたと喜ぶ声がありました。根気強く使用を続ければ数ヶ月後にはシミが多少なりとも薄くなったという人がいるようです。

消すということについては難しいようで、薄くなるくらいならば根気強く続けることで効果を得られることもあるようです。

商品を購入する

ハイチオールCプラスの成分と特徴

ハイチオールCプラスのメインとなる成分はこちら

  • 過剰なメラニンを抑制・無色化・排出する「L−システイン」
  • 余分なメラニンの生成を抑制する「アスコルビン酸(ビタミンC)」
  • 肌の再生をサポートする「パントテン酸カルシウム」

シミやそばかすをケアし、疲れもとるのでなんとなく体や肌のコンディションが優れないと感じているときにも使えます。

ハイチオールCプラスを安く買う方法

ドラッグストアや通販で購入することができます。価格は楽天が最安値でした。

通販だと送料がかかってしまうのでは?と不安になる人もいるかもしれませんが、楽天やAmazonでも送料無料で格安でゲットできることもあるのでこまめにチェックしてみましょう。

楽天・Amazonと公式サイトの価格比較(2018年3月現在)

※楽天・Amazonは公式ではないので、偽物や保証が受けられない場合があります

公式サイトamazon楽天
60粒 1,620円
180粒 4,536円
60粒 990円
180粒 1,962円
60粒 799円
180粒 1,885円

商品を購入する

【第3類医薬品】トランシーノホワイトC

\夢で終わらないホワイトケア/

Source: 公式サイト

トランシーノホワイトC

  • 編集部評価:★★★★☆ 総合87点
  • 価格:60粒 1,728円|120粒 2,808円
  • 1回あたりの値段:93.6円/30日分/120粒
  • メーカー:第一三共ヘルスケア

有効成分であるL−システイン240mgとビタミンC1,000mgによってメラニンを排出しシミを薄くする効果が期待できます。メラニンの生成を抑えることでシミ予防にも繋がります。

さらに4種の肌ビタミンがシミ対策をサポート。以前は1回3錠を2回飲むので大変でしたが、2018年1月22日にリニューアル発売されて、成人で1日2回2錠ずつと飲みやすくなりました。

口コミでも「肌に透明感を感じた」という嬉しい意見がありました。7才以上から使えるので子どもと一緒に明るい肌に近づけますね。

商品を購入する

【第3類医薬品】システィナC 210錠

\メラニンの生成を抑え肌を守る/

Source: 公式サイト

システィナC 210錠

  • 編集部評価:★★★★☆ 総合87点
  • 価格:60粒 1,728円|120粒 2,808円
  • 1回あたりの値段:93.6円/30日分/120粒
  • メーカー:第一三共ヘルスケア

シミ、そばかす、日やけ・かぶれによる色素沈着などの諸症状を緩和してくれるサプリです。

 「ビタミンC」「ビタミンB6」「L-システイン」の3種がお互いに良い影響を与え合い、シミやそばかすの元となるメラニンの生成を抑制してくれるので、イキイキと明るい肌を目指せます。

商品を購入する

undefined
ちょこ
土台が明るくなることでシミが薄くなったと感じることもできますよ!これ以上シミを増えないようにするという予防の意味で飲み薬でのシミ対策は早めに始めたいですね。

市販薬と処方薬の違いって?


シミを消す薬は市販品と処方箋薬の2種類があります。どちらもシミに効果的!ということになっていますが、この2種類にも違いがあります。それぞれのメリットデメリットをしっかりと理解した上でシミを消す薬を選びましょう。

値段の違い

シミを消す薬には処方箋薬と市販薬では大きな違いがあります。処方箋薬を使用する場合にはほとんどが美容皮膚科での診察になると思います。美容皮膚科の場合はほとんどが自由診療のため保険は適応されません。

肝斑など症状によっては皮膚科の保険適応で診察が可能になる場合もあります。しかしほとんどの場合は自由診療で値段が高くなります。

市販薬はそれに比べてお医者さんを必要としていないため値段は比較的安く済みます。値段は市販薬の方がメリットが高く美容皮膚科は値段の高さがデメリットとなります。

効果の違い

シミを消す薬には処方箋薬と市販薬で大きな違いが出る場合もあります。塗り薬であるハイドロキノンの場合は、市販のものも販売されていますが配合が2%までと決められていて2%以上の濃度のハイドロキノンは皮膚科医による処方が必要となります。

濃度が高ければいいというわけでもなく安全性や効果を考慮しながら処方する必要があります。効果を得るためには自分の肌に合った濃度のものを使用する必要があります。

そのため濃度が低かったり、個人輸入商品で濃度の高い市販薬を使っても効果が得られないというデメリットがあります。

処方箋薬である薬は濃度の濃いものも使用することが出来て自分に効果のある使い方をすることができるというメリットがあります。

シミの種類による効果の違い

おさえておきたいのは、シミには種類があるということ。その種類に合わせた治療をしなければ効果を引き出すことは出来ません。

〇老人性色素斑

  • 紫外線が原因でできるもので一般的にシミと言われているもののほとんどがこの老人性色素斑です。顔やデコルテ、手の甲など紫外線が当たる部分に出来やすいです。

〇雀卵斑

  • そばかすと呼ばれている点状のシミです。遺伝による発生が多いですが紫外線によって数が増えたり色が濃くなってしまうことがあります。

〇肝斑

  • 目の下から頬にかけて両頬に左右対称に出来るシミです。女性特有の症状で女性ホルモンが原因で発生します。

〇炎症後色素沈着

  • ニキビや火傷など炎症した傷跡がシミとして残ってしまうものです。紫外線によって色素沈着が起こりやすくなります。

このようにシミにもたくさんの種類があります。自分のシミが何なのかをきちんと理解した上で治療をする必要があります。

効果がないシミには薬を使っても無駄になってしまうので皮膚科でしっかりと診察してもらい、自分のシミに合った薬を処方してもらうことが大切です。

シミを消すのは適切なケアでじっくりと

年齢を重ねるに連れて過去のダメージが浮き彫りになってくるシミ。1度出てしまったシミはなかなか消せるものじゃないと諦めてしまっている人も多いのではないでしょうか?

本気でシミを消す!と思ったら自分でもできるシミ対策はたくさんあるのです。時間はかかってしまうかもしれませんが、本気で消すなら飲み薬と塗り薬を併用して使うことをおすすめします!

いつまでも若々しい肌でいるためにシミは大敵です。早いうちに自分でできるシミ対策を始めて、一生シミを作らない肌をこれから作っていきましょう!

undefined
はるこさん
本気で美肌になりたい!シミを消したい!と思っているのならば対処できる方法はたくさんあるんです。まずは自分の身近で無理なくできることを根気強く続けてみるというのも手ですね。シミ対策は早めに手を打っておくのがおすすめ!もちろん、日常生活での紫外線予防は忘れずに行うようにしましょう!

 もう一度シミケア商品を見たい人は、シミケアにおすすめな化粧品3選シミケアに摂りたいサプリメント3選シミケアに有効な市販の医薬品3選に戻ってくださいね♪