敏感肌には2タイプある!タイプ別原因と辛い症状の改善策をご紹介

敏感肌は何故なるの?原因を知りたい!

敏感肌ですとちょっとした刺激でもすぐに乾燥したり肌荒れが起こりやすくなってしまいます。スキンケアも通常のものでは負担がかかってしまい選択が制限されてしまうでしょう。そんなときはまず原因を調べて肌を快適に維持できるように改善法や対処法を行いましょう。ここで敏感肌のタイプ別に原因をチェックして、原因に合わせた適切な方法で改善してください!

はるこ先生
敏感肌だと金属とかコスメ製品ですぐに痒くなったりするわよね。肌が赤くなってはとても不快。こんな敏感肌の原因を押さえて早く改善しましょう!
アッキー
ここではタイプ別に敏感肌の原因を詳しく解説しています。生活習慣を改善するだけでも敏感肌がよくなりますので、テキストに沿ながら今から早速始めましょう!

敏感肌の特徴とメカニズム

​敏感肌の特徴やメカニズムをここでチェックしましょう。敏感肌は肌のバリアが低下しているデリケートな状態で、他の人には大丈夫なものでも肌に触れたりすると刺激を受けてしまい炎症を起こします。敏感肌だとどのような症状が起こるのか、また乾燥肌にはどんな種類があるのか基礎知識を身につけましょう。

敏感肌が感じる肌の悩み

​敏感肌ですと紫外線やスキンケア製品などに触れただけでも炎症が起こりやすくなります。代表的な肌トラブルとしてはかゆみ、赤み、かぶれ、湿疹、ニキビなどがあります。これらの炎症は本来外的や乾燥などから守っている肌のバリアがしっかり機能していないことが原因です。このバリアは細胞間脂質によって保たれているのですが、この細胞間脂質が減ってしまうと肌が乾燥して敏感肌になるのです。

乾燥による敏感肌

​生まれつき敏感肌でなくとも生活習慣によって肌を乾燥させてしまって敏感肌になってしまうことがあります。洗浄力の強い洗顔料でゴシゴシと洗顔したり、スクラブなど肌が必要とする皮脂までを奪ってしまうようなスキンケアですと肌のバリアが低下してどんどん敏感肌になってしまいます。また冷暖房のきいている室内で過ごす習慣のある方も乾燥肌になりやすく敏感肌の原因になるでしょう。

アレルギー性の敏感肌

​アレルギー体質であると敏感肌が起こりやすくなります。アレルギーによる敏感肌はアトピー、花粉、喘息、遺伝、食品やハウスダストなど様々なことが考えられます。はっきりとアレルゲンとなるものがわからないときは、皮膚科でパッチテストを行い必要に応じた治療法で改善しましょう。


乾燥性敏感肌になる4つの原因

​乾燥性敏感肌は単なる乾燥肌とは異なり、肌の表面だけを潤うような保湿成分を配合したスキンケア製品ではあまり改善できません。そのため肌の内側からしっかり保湿できる成分を配合しているものを使用する必要があります。もちろんスキンケア製品はあくまでも肌が不足している水分を補うものとして、基本的には体が自主的に保湿ができるように生活習慣を見直すことも大切です。

乾燥した空間にいる

​冷暖房がかかった室内に長時間過ごしたり、外気が乾燥しやすい季節になると肌が乾燥しやすくなります。肌の水分が蒸発してしまうのでかさつきやすくなり、帯電もしやすくなるでしょう。とりわけ女性は男性よりも皮膚が薄いためダメージを受けやすいと言われています。

​間違った過剰なスキンケア

女性はメイクやスキンケアの繰り返しで肌に少なからず負担をかけてしまっています。濃いメイクを落とそうとして洗浄力の強い洗顔料で時間をかけて洗っている、ピーリングやパックを毎日する、添加物を配合したスキンケア製品を使用している方も多いのではないでしょうか。これらのスキンケアは肌のバリアをしている皮脂まで取り除いてしまうことになり、肌を乾燥させてしまう原因となります。またいくら肌に低刺激のスキンケア製品でもゴシゴシと肌を摩擦してしまってはやはり肌に負担をかけてしまいます。顔を引っ張りながら洗顔をしてはしっかり洗顔できないでしょう。

生活習慣の乱れ

仕事が忙しいなどつい活動を優先してしまっては​毎日の生活習慣が乱れがちです。どうしてもやらなくてはいけないことがあると、食事や睡眠などが不規則になってしまうと肌に栄養分が届かず、ハリがない、乾燥しやすくなってしまいます。健やかな肌を維持するだけでなく健康のためにも毎日3度、栄養バランスの取れた食事を食べる、そして少なくとも6時間の睡眠はとるようにしましょう。

​ストレス

​ストレスから完全に解放されるのは難しいですが、リラックスしたりちょっとしたアクティビティなどをしながらストレスを溜めないようにすることで乾燥肌を抑えることができます。ストレスがたまると新陳代謝が悪くなっては冷えが起こります。そして肌の再生がうまくいかず水分量が低下してしまうことから肌が乾燥し敏感になってしまうのです。

アレルギー性敏感肌の4つの原因

​アレルギー性敏感肌は接触したものやコスメ製品、体調不良によっても起こりやすくなります。アクセサリーをつけるとかぶれるなどおしゃれを制限されてしまうことがあるでしょう。またホルモンバランスが崩れることによっても肌に潤いがなくなり敏感肌になりやすくなります。

元々アレルギーのある物質の接触

​特定のものに触れたりすると肌がかぶれたり痒くなったりすることがあります。よくあるのが金属、繊維、ハウスダスト、花粉などです。ジュエリーなどを身につけるとつけた部分が赤くなって痒くなるのはアレルギー性敏感肌です。またアクリル繊維の衣類を着るとかぶれる、きつい下着を身につけるとじんましんができることもあります。

​刺激の強い化粧品の使用

​アレルギー性敏感肌はスキンケア製品やメイクアップ製品に刺激が強い成分が含まれていると炎症が起こりやすくなります。これらの刺激成分は防腐剤、紫外線防止剤、着色料、香料など頻繁に使用されているもので、購入するときは無添加で低刺激のものを選ぶようにしましょう。セラミドなど天然保湿成分を配合しているスキンケア製品は内側から潤いを維持してくれるでしょう。

頻繁な体調不良

​アレルギー性敏感肌は肌に触れるものだけではなく、腸が正常に機能しないときにも起こりやすくなります。腸が健康でないと害となる物質が腸内に侵入しやすくなりアレルギーが起こりやすくなります。肌が乾燥したりニキビなどができている時は体調不良のサインであることも多いので、善玉菌を増やすようにして腸内環境を整えましょう。

ホルモンバランスの乱れ

​女性は月経があるためホルモンのバランスが乱れやすくなるものです。同時にアレルギーが起こりやすくなり、普段は気にならなかった炎症などが突然現れたりします。ホルモンバランスは月経をのぞいてストレスなどでも引き起こすので、普段からリラックス法などを実行してストレスを溜めないようにしましょう。


はるこ先生
アレルギー体質の方は様々なことが要因になって肌荒れや乾燥肌を起こすので、皮膚科でパッチテストを行ってアレルゲンを突き止めましょう!
アッキー
自分ではわからない肌の不快症状を感じたら、我慢せずに肌に刺激となるアレルゲンを避けて快適に過ごすようにしましょう!

敏感肌の原因別対策法5選

​敏感肌を改善するには普段の日常生活を見直すことが大切です。セルフケアでできますので今日からすぐに実行してみましょう。一度に始めると中途半端になってしまうこともあるので、できることから少しずつ始めて習慣づけましょう。

​加湿器などで空間を潤す

​冷暖房機器を使用する時は部屋が乾燥してしまいますので、加湿器をつけて部屋の湿度を一定に保ちましょう。肌が乾燥しない湿度の目安は40〜60%です。これ以上になると湿気っぽくなり、カビが発生しやすくなるので気をつけましょう。

正しいスキンケアを行う

​スキンケアは美肌の基本であっても、疲れていたり忙しいとつい適当になってしまいがち。簡単なスキンケアのようでも正しい方法で行わないと乾燥肌になり肌が敏感になってしまいます。ここに快適にスキンケアができるディセンシアのsaeruをセレクトしましたのでチェックしてみてください。

ディセンシア saeru

​ローション、エッセンス、クリーム、CCクリーム、デイミルクがシリーズで利用できるスキンケア製品は、敏感肌でも快適な使用ができ透明感溢れる肌に導きます。バリアが低下した敏感肌の機能を高めながら紫外線や乾燥からガードできるようにしてくれるでしょう。ローション、エッセンス、クリーム、CCクリームの4点セット10日間トライアルセットが利用できるのでぜひ利用しましょう!

​内容量​特徴​配合成分​価格
​ローション
14ml

エッセンス
8ml

クリーム
9g

CCクリーム
1回分
・ヴァイタサイクルヴェールで肌のバリアを高める
・セラミドの4倍のなじみ効果のあるセラミドナノスフィアが肌をしっかり保湿
・ハトムギ種子エキスにより肌のキメを整える
・3つの天然美白成分配合​
・ローズ、ゼラニウム、ローズマリーをブレンドした心地よいフレグランス
​・ローション
・アスコルビン酸2-グルコシド​
・グリチルリチン酸2K​
・グリセリン
・ハトムギ発酵液
など
​1,480円
  •  
  • 次の日の朝に感動!!
    今までならどんなに保湿しても翌朝にはカサカサだったのにこちらを使ったらもちもちしっとり肌に(*´∀`)感動しました!!

    Decencia

  •  
  • 毛穴がキュッとなるのが気持ちいい♪
    さっぱりしてるのに浸透して、毛穴がキュッとなるのがとても気持ちがいい♪ 美容液もべたべたしすぎずちょうどいいです!

    Decencia

ごわついていた肌も柔らかくなり保湿が持続できるとツヤも蘇ります。さっぱりとした使用感で毛穴を引き締まれば透明感がさらにアップするでしょう。

公式サイトはコチラ

  適切なスキンケア方法​

スキンケアのワンステップとして、洗顔料は低刺激のものを選ぶ、洗顔は長く行わない、すすぎが簡単にできる洗顔料を使用するなどあくまでも肌をいたわりながらメイクや汚れを落とすことがポイントです。またメイクをしないときはぬるま湯で十分汚れや皮脂や落ちますので敏感肌にはオススメです。洗顔後は低刺激の成分を使用した、セラミドなど天然保湿成分を配合したスキンケア製品を使用するようにしましょう。セラミドは肌の内側から潤いを維持してくれる成分ですので長時間潤いを保つことができます。​

生活習慣を整える​

乾燥肌は生活習慣が乱れることでも起こりやすくなります。そのため普段から規則正しい生活を送るようにして体調を整えながら健やかな肌を維持しましょう。


バランスの良い食事をとる

​一日3度の食事は必ずとるほか、栄養バランスを意識しながら食品を食べるようにしましょう。外食ですとつい1品メニューになりやすいので、野菜が入ったサンドイッチやラーメンなど1品でもおかずが一緒に摂れるものを選びましょう。また寝る前にはカフェインを避ける、夕食は消化の悪いものを避けるものポイントです。寝つきがよくなり肌のターンオーバーも正常に行われ肌の潤いを保つことができるでしょう。


質の良い睡眠をとる

睡眠中はノンレムとレム睡眠の2つの睡眠のリズムを繰り返しています。ノンレム睡眠は副交感神経が働いて脳も体もぐっすり休んでいる状態です。一方レム睡眠は体は休んでいても脳が覚めているという状態。良質の睡眠を左右するノンレム睡眠には4段階の睡眠レベルがあり、最も眠りが深くなる3、4段階がしっかり行われると短時間でも十分体が休めたということになります。

ストレスを解消する

ストレスを受けると新陳代謝が悪くなって冷えが起こりやすくなります。冷えが起こるとターンオーバーが正常にできなくなるので肌の潤いが少なくなってしまい肌が乾燥しやすくなるのです。結果として肌のバリアがうまく機能できず外的要因を受けやすくなり炎症が起こってしまうので、無理をせずに休息を取るなどしてストレスを発散しましょう。

リラックスする

リラックスするホルモンが正常に分泌するので、肌のツヤや潤いを維持することができます。疲れたりイライラした時には、音楽をきいたりヨガをしたりなどリラックスするようにして精神を安定させましょう。


敏感肌特有の症状が出た場合の改善法5つ

敏感肌に起こりやすい5つの症状をここでチェックして改善法を実行しましょう。いずれも肌のバリアがうまく機能しないことで起こる症状なので、保湿を心がけるほか、規則正しい食生活を送るようにすることが大切です。

かゆみが出た場合

敏感肌でかゆみがあるときは肌のバリアがうまく機能していないため、しっかりと肌の角質層から保湿ができるスキンケア製品を使用しましょう。セラミドの中でももともと体内にあるセラミドと似たような役割をするヒトセラミドならさらに効果的です。また運動をして巡りを良くしてターンオーバーを促しましょう。運動ができないときはぬるま湯に浸かったりマッサージすると良いです。それでもかゆみが改善しないときは皮膚科で適切な薬を処方してもらいましょう。またパッチテストでアレルギーがないかチェックすることもオススメです。

赤みが引かない場合

まずはドラッグストアなどで販売しているかゆみ止め薬で経過を見て、症状が良くならないときは皮膚科で診てもらいましょう。一度改善したら、低刺激のスキンケア製品を使用するようにし、天然保湿成分や天然植物由来オイルなどの保湿成分を配合した化粧水やクリームなどで肌をたっぷり潤いましょう。

かぶれた場合

今まで使用してきたスキンケア製品に合成界面活性剤、パラベン、香料などの刺激成分を配合していないかチェックしましょう。敏感肌の場合ちょっとした体調不良やホルモンバランスによって使い慣れしている製品に刺激を感じることがあります。またメイクをしていないときはぬるま湯だけで洗顔したり、低刺激の洗顔料を使用するようにしましょう。さらに無添加の化粧品を使ってナチュラルメイクをするようにしましょう。

ニキビができた場合

ニキビ肌にも使用できるスキンケア製品にはサリチル酸と呼ばれる角栓を予防する成分が配合されていることがあります。しかしピーリング剤としても使用される成分として肌に刺激を与えてしまうようです。そのためサリチル酸ではなく、同様の作用をする天然エキス「グリチルリチン酸2K」を配合した製品を使用するようにしましょう。この成分はニキビの予防・改善のダブル作用があるので炎症を抑えることができます。

湿疹が出た場合

脂漏性皮膚炎などの湿疹が発生した時には肌を低刺激の石鹸で水で洗顔し清潔にしておくことが基本です。そして栄養バランスの取れた食事をしてさらにビタミン剤をプラスすると良いでしょう。また良質な睡眠をとり、毎日快適な生活を送ることが大切です。

敏感肌の原因を知って改善をしていこう!

敏感肌の原因は様々ですが、思い当たる原因に注意して生活習慣を改善し肌のバリア機能を高めましょう。肌のトラブルが起こるときは肌のバリアが低下している証拠なので、新陳代謝を高めたり規則正しい食事を摂ることがみずみずしい肌を維持するコツとなります。さらに保湿成分配合のスキンケア製品を使用すれば肌が健やかになり紫外線や乾燥などから保護することができるでしょう!